体の冷えが胃潰瘍の原因?

体の冷えが胃潰瘍の原因?

薬を使わない胃潰瘍改善法

体の冷えも胃潰瘍の原因に

胃潰瘍、様々な婦人病、自律神経失調症(心身に様々な症状が現れますが、その症状には個人差があります)など体の不調は、「体の冷え」が要因でおこるものが多いことを知っているでしょうか?そしてストレスも体を冷やすって知っていましたか?ということは、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)が原因になる胃潰瘍を患っている方は、注意が必要でしょう。あなたの体は、冷えきっていないですか?

 

冷えた体をどう温めていけばいいのでしょうか?

 

まずは、お風呂に浸かって温まることです。半身浴(全身ではなく、のあたりまでつかる入浴法です)をする人が多いようですよが、半身浴(温度と入る時間も重要ですが、他にもいくつかのポイントがあります)は美容のみならず、健康にも、未病にも効果が期待できる健康法なのです。

 

毎日、半身浴(気温が低い時期には、肩を冷やさないようにタオルなどで保温するのがいいでしょう)は面倒で続ける自信のない人は、白湯を試されてはみてはどうでしょう。白湯を飲むと、おなかの奥の内臓が、ぽかぽかしてくるのを実感可能になりました。それが、体をあたためるということです。白湯には胃腸の消化力をアップさせる効果があることでしょう。

 

人が食べ物を食べると、胃や腸を通って運ばれていきますね。そして、小腸まで来て、体内に吸収されるわけですが、消化力が弱いと未消化のまま吸収される部分が出てきてしまいます。これが体の毒素(その生物によっても、耐性が畭なります)となってしまうみたいです。

 

食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)は体に栄養を養うものなのに、消化できずに残ると、体に害がでてきてしまうのです。これが、私たちの体に非常に悪さを行う事もあります。

 

しかし、白湯を飲み続けると、体温が上がり、胃や腸の働きは正常に働きます。また、水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を摂ることで、老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)が腸の中を流れやすくなるのも消化を助けてくれます。

 

あと、重要なのは、おなかいっぱいたべることがいいことではないということを知っておいてください。腹八分を心がけて、未消化のまま吸収される部分、体の毒素(活性酸素や悪玉菌、乳酸などを指すこともあります)を作らない体作りが大切でしょう。

 

日頃から、胃の健康を保っていると、胃潰瘍になりにくい胃、体を手に入れることが出来るでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ