ストレスが要因で胃潰瘍の再発に苦しんでいる

ストレスが要因で胃潰瘍の再発に苦しんでいる

薬を使わない胃潰瘍改善法

ストレスをヨーガで発散して胃潰瘍を治す

なぜも、最初の段階のうちは気合いを入れすぎると、長続きしありません。気持を楽にできる範囲でヨーガに挑戦してみることがよいでしょう。

 

ヨーガは、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)解消にすごく有効で、ストレスが要因で胃潰瘍の再発に苦しんでおられる方にはストレス発散法として知っておくと損はないですよね。

 

私たちが生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)していく中で、ストレスから完全に逃れることは、もはや不可能といっても過言ではありません。そんななかで私たちは、上手なストレスの受け止め方、付き合い方、発散の仕方を身につけなければなりません。

 

でないと、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)が原因となる心身症に苦しむようになるかもしれないからです。胃潰瘍はその代表のような病気だと言えるはずです。そうならない為にも、いくつかのストレス発散法を持っておくことが大事なんですね。

 

ヨーガを生活の一部に取り入れてみるのがお勧めです。

 

  1. まずは、一日5分、10分から始めてくださいね。
  2. 頻度は毎日行うのが理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)。ムリなら、一日おき、1週間に一度でもいいので、習慣化することが大事です。短時間でも毎日行う方が効果的。
  3. ポーズは簡単な物から。無理せず、「痛気持いい」ところで止めるのがポイントです。無理すると体が強張ってしまい、リラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)どころでは無くてなってしまいます。
  4. ヨーガのベストタイムは朝一番。一日、いいコンディションでスタートすることができます。

 

以上が、ヨーガを始める際のポイントですよ。胃潰瘍は疾患ですが、本人の性格も大きく影響する病気なんです。ヨーガを長く継続する事で、胃潰瘍も、それを引き起こしたあなたの性格の癖もいいほうに向かうことを祈っています。


ホーム RSS購読 サイトマップ