ストレス解消法で胃潰瘍を治す?

ストレス解消法で胃潰瘍を治す?

薬を使わない胃潰瘍改善法

自分なりのストレス解消法

現代社会は、まさにストレス社会。ストレスが原因で引き起こされる病も年々増加、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)が原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)とされる病に苦しむ患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)も増えてきているのです。

 

ストレスから完全に逃れることは、もはや不可能と表現しても過言ではありません。しかし、そんな中で同じようにストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)を受けても平気な人、元気な人もいることでしょう。それに対して、ストレスをかわすことが下手で、ストレス解消も下手な人もいます。

 

結果、自らの体が悲鳴をあげる。胃潰瘍は、その代表のような病気です。

 

このように、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)を受けても上手く解消することができるか否かが大事になってくるのです。溜め込まず、上手く解消できていれば、胃潰瘍などのストレス性の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)にもかからず、健康に生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)する事ができるためにす。

 

しかし、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)解消がうまくできず、ストレスが溜まっていくとマイナスのエネルギーが心や体に溜まっていってしまいます。そうすると、自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)やホルモンの分泌などにトラブルが生じてきます。

 

頭痛、肩こり、腰痛、内臓不調と言った、心身症の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が体のあちこちにでてきてしまいますね。胃潰瘍もそのなかの一つにすぎません。「ストレスは万病のもと」とはこうゆう理由からきているのですね。

 

大事なのは、自分なりのストレス解消法を見つけておく事です。そのなかでも、ヨーガは、ストレス解消にかなり効果的です。ヨーガでは、呼吸を大事にしながらも様々なポーズをとるのです。長時間のデスクワーク(スーパー事務員のオダギリ展子さんの著書やサイトを読むと、事務仕事への概念が変わるかもしれません)などでこわばった筋肉を伸ばし、緊張をほぐしてくれるのです。

 

また、逆に筋肉を緊張させるポーズをとって体の中にたまったマイナスのカロリーを消耗させることも有効なのです。私もヨーガ経験している方ですが、ヨーガを続けていたら、不思議とストレスを感じにくい体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)になっていくのを感じます。


ホーム RSS購読 サイトマップ