胃潰瘍の治療で心療内科で?

胃潰瘍の治療で心療内科で?

薬を使わない胃潰瘍改善法

心療内科での治療

一般的な胃潰瘍の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)はこのようなものではないでしょうか?胃潰瘍になると胃腸科に行き、薬を処方してもらいらっしゃるのではないでしょうか?しばらく処方通り、薬を飲んでいたら、やがて症状というのは、おさまっていくでしょう。

 

しかし、繰り返し胃潰瘍を再発させてしまう人が非常に多いのを知っていますか?(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)が要因で胃潰瘍に陥った患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)さんは、薬を飲んで治ったのに、日常生活を送ることにより、また再発してしまう。

 

これが、繰り返されると、立派な「持病」になってしまいます。持病は怖いなのです。治るまで、長期間薬を飲まなくてはならなくなるでしょう。そうなる前に、是非気付いてほしい事があります。

 

最初に書いたような新薬による対症療法だけでは、胃潰瘍の根治はむつかしいということ。なぜ繰り返し胃潰瘍になるのか?

 

胃潰瘍を引き起こした原因を突き詰めることが大事なのですね。ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)が要因で胃潰瘍を繰り返し発症してしまう人は、胃の治療よりも、心療内科からのアプローチも有効かもしれません。

 

ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)に強くなる、ストレスを受けてからのよくない思考のクセを正して貰う事も、胃潰瘍の根治療法になるようです。ストレスは決して悪いだけのものではありません。同じストレスを受けても平気な人もいますし、要は、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)の受け止め方、付き合い方が大切になります。

 

心療内科(精神科との違いは非常にあいまいで、その病院によっても畭なるでしょう)で上手にストレスと付き合っていく術を学び、また、自分なりのストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)発散方法を見つけると、ストレスに対するアレルギーも弱まり、結果、胃潰瘍の再発を防げると思っています。

 

人は、現在出ている症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を治してほしい、そのことばかりに目をとられがちですが、何が原因でその症状がでているのか、原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)をたつことの大切さも忘れないでほしいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ