胃潰瘍防止で胃腸の調子を底上げする

胃潰瘍防止で胃腸の調子を底上げする

薬を使わない胃潰瘍改善法

日頃の胃のメンテナンス

最近の日本は、ストレス社会です。不況によるストレス、仕事に就きたくても付けないストレス、働いても低賃金で生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)苦と言ったストレス。これらのストレスが要因で胃に不調を抱えている人が多くいます。

 

胃潰瘍、十二指腸潰瘍は、ストレスが原因でなる胃腸の病の代表ともいえるかもしれませんね。仕事の(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)、人間関係のストレス・・・(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)は、生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)して行く上で如何しても生じてしまうになっているでしょう。

 

胃潰瘍などにかかってしまったら仕方がありません。病院での治療が必要ですが、ストレス(過に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)で胃が不調をうったえる前に、日頃から胃の健康を底上げしてあげることも大事です。

 

現代人の体は冷え(冷えを改善するためには、口に入れるもの、つまり、食生活と生活習慣を見直す必要があります)ている傾向にあるでしょう。ご自分の生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を見直してみてください。

 

夏はエアコン(冷房だけの機能のものと冷暖房が可能なものがあります)で快適な温度で生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)し、飲むと言えば、冷たいものばかり。お店で出されるお水にも、氷がたくさん入っていますよね。

 

ゆっくり湯船(和式、洋式、和洋折衷の三タイプに分類できます)に浸かるよりも、シャワーが多くないですか?こういった暮らしで現代人の体は冷え切ってしまっているのです。体の中は、臓器も含まれます。同じく胃を含む内臓も冷え切って、機能が低下気味なのが、現代人の体の中なのです。

 

「冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)は万病のもと」と呼んでいるのですが、本当にその通り。体を温めることが、未病、健康増進につながるのです。
そこで注目されているのが白湯(さゆ)です。

 

白湯(人肌まで温度を下げたものを湯冷ましというようです)を飲むと胃腸の消化力が上がることが判っています。一般的に、温度が高くすると、ものは溶け易いといわれているようです。これは、胃の中の食べ物も同じことが言えるのです。したがって、白湯(カルキが抜け、殺菌効果も期待できます)を飲んで体を温めることで、体内の温度が上がり胃の中の食べ物も消化しやすくなるはずです。

 

白湯を毎日飲むことでは胃腸の調子を底上げする事が出来るのです。胃潰瘍ができたから、あわてて病院に行くという考え方ではなくて、日頃から、自分で無理のない範囲の体のメンテナンス(定期的に必要となることが多いでしょう)が大切なんですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ