胃潰瘍治療中の人におすすめの献立メニュー

胃潰瘍治療中の人におすすめの献立メニュー

薬を使わない胃潰瘍改善法

胃潰瘍の人にお勧めの献立

胃潰瘍患者は食事療法(病気の症状の改善には欠かせませんが、つらいと感じる人も多いものです)も大事な治療のうちです。いつまでも、薬ばかりに頼っているのではなく、患者自身も積極的に胃潰瘍治療に参加できるのが、食事療法(食事の時間を決めて、規則正しくとることも大切です)になっているでしょう。

 

お医者さん、薬の服用で治るのは、8割まで。あとの2割は、あなた自身の治りたい、完治したいという思いが、大切なのですから。胃潰瘍は、日常のライフスタイルや、食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)、患者の性格(環境によっても変化しますが、先天的なものが大きいと考えられています)、抱えているストレス(過に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が原因で発病してしまう疾患です。

 

ということは、患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)さん自身が、胃潰瘍になった原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)、自分の生活、性格をもう一回見直す事が、胃潰瘍の根本的治療と言っても過言ではないのです。

 

ここで胃潰瘍患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)、治療中の人におすすめの献立メニューを紹介していきます。

 

「胃潰瘍の治療によい食材はわかったけれど、具体的に何をつくろう?」という人、是非チェックしてみてください。これは春〜夏向けの献立です。

 

朝食に、ジャガイモとツナの煮もの、オクラ納豆、大根の味噌汁、ごはん。納豆は、消化吸収に優れた質のいいたんぱく質です。食物繊維(ダイエットはもちろん、生活習慣病や疾患の予防のためにも摂取したいものです)、ビタミンも豊富です。

 

昼食に、チーズトースト、マカロニサラダ、にんじんジュース、メロン。「食事を気軽にとりたい」「食欲がない」という時におすすめなのがチーズです。乳酸菌や酵素により牛乳の栄養素が凝縮されたチーズは、少量で栄養補給できる優れた食品です。

 

夕食に、ロールキャベツ、プチトマトのカテージチーズあえ、コマツナの煮びたし、ごはん。キャベツは生では、繊維が消化の負担になりますが、ロールキャベツのように柔らかく煮込んだものだったら、消化もよく、野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)をたっぷり摂ることができます。

 

間食(高カロリーのものを食べると、夕食が食べられなくなり、栄養が偏ってしまうでしょう)に、びわ入りヨーグルト(腸内環境を整えたり、骨を強くするなどの効果が期待できると考えられています)ゼリー。

 

どうですか?参考になったのですか?インターネットでも、胃潰瘍に良いレシピ(レシピをみるとある程度同じような料理が再現できます)、メニューがかず多くでていますので、検索してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ