胃潰瘍治療中の方におすすめの食べ物

胃潰瘍治療中の方におすすめの食べ物

薬を使わない胃潰瘍改善法

胃潰瘍の食事のポイント

胃潰瘍の食事作りにはポイントがあるようです。まず、胃潰瘍治療中の方におすすめの食べ物は以下のそうです。これらを参考にメニュー作りしてみてはいかがですか?

 

あさつき・あじ・あなご・あまだい・あゆ・いよかん・うずら卵・うどん・カステラ・かぼちゃ・かれい・チーズ・キャベツ・牛乳(たまにに手を当てて飲む人がいますよね。お酒を飲む前に飲んでおくと、悪酔いしないともいわれています)・なすの黒焼き・バナナ・鮭・しじみ・じゃがいも・しらうお・すいか・そうめん・たまねぎ・マカロニ・豆腐・トマト・鶏肉・生クリーム・にんじん・白菜・はちみつ・豚肉・はんぺん・もも・ほうれんそうなどです。

 

たんぱく質は、体の血や肉などをつくるのに重要であり、胃の粘膜を再生したり、全身状態を良くしたりして抵抗力を高めます。牛乳(その名の通り、牛のお乳です。苦手だという方も少なくないですね)、ヨーグルト(牛乳などに乳酸菌を混ぜて作られた発酵食品です)、チーズや卵などは質のいいたんぱく質食品の代表です。

 

良質なたんぱく質(アミノ酸が多結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)が弱った胃を救います。魚や肉は、脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)、エキス分の少ないとりのささみ、ヒレ、もも、白身魚などを選んでください。

 

豆、豆製品は、大豆や小豆などは繊維も多いので、そのままたべるのはあまりよくありません。柔らかく煮たものなら少量はいいのですが、主に加工した豆腐や凍り豆腐、生湯葉、納豆、きな粉などを利用して下さい。

 

反対に胃潰瘍治療を受けている方によくない、避けてほしい食品もあるそうです。

 

青海苔・きくらげ・牛肉・かつお・あさり・油揚げ・甘納豆(平安時代にはすでにあったといわれていて、名前の由来は精進料理で寺院の倉庫である納所で作られていたからという説が有力です)・かぶ・きゅうり・ごぼう・昆布(ワカメ同様に有名な海草でしょう。日本では、出汁を取るのに欠かせない食材となっています)・梅干・あわび・いわし・さんま・とうがらし・にしん・ピーマン・福神漬け・サラミ・しょうが・なす・ラム肉・ゆず・レタス・レモン・ほっけなど。また、油揚げ、がんもどき、厚揚げなどは、もともとは豆腐とは言っても、油で揚げてあるようなので控えめにしましょう。

 

胃潰瘍治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)中の皆さんは、出ている胃潰瘍の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)ばかりに気をとられていないでしょうか?どうして胃潰瘍になっているかと原因を究明行う場合、忘れていないでしょうか?胃潰瘍の原因をしっかり自分でわかっていないと、治療してもまた再発と、根治は難しくなってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ