胃潰瘍治療中の人に避けてもらいたい食品

胃潰瘍治療中の人に避けてもらいたい食品

薬を使わない胃潰瘍改善法

胃潰瘍の人に避けてほしい食品

ストレス、食生活の乱れが原因で胃潰瘍になる人が年を追うごとに、増えている昨今。胃潰瘍の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)ばかりに気をとられず、どうして胃潰瘍になったか原因を突き詰めることが大事です。

 

胃潰瘍を治療やる方は、食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)にも気を使わなければなりません。それが、治療、改善に結びつくと考えてみてください。漢方では、日頃口にする食べ物、飲み物も薬のうちだと考えるそうです。

 

そうすることによって、いつでも健康な体でいられ、体の偏りをなくしてくれると考えているからです。病気として現れる前に、不調を正すことができたら、もう医者いらずの健康体になれるでしょう。それほど、食べるものは、私達の体に影響を与えるものなんです。

 

胃潰瘍治療中の人に、ぜひ、避けてもらいたい食品があるので紹介します。

 

基本、胃に刺激を与える食品や消化の悪い食品は避けます。香辛料、コーヒー(カフェイン(それほど深刻ではないものの、依存性があります)が入ったもの)、酢の物、炭酸飲料、食物繊維の豊富なもの、揚げ物、レモン、イカやタコ、脂肪分の多い肉や魚、羊羹など甘みの強いものです。

 

症状がひどい場合は、口に入れるのみで気分が悪くなってしまう可能性もあると思います。その際はムリをしないで、お粥や梅干しなど、消化のいいものから少しずつスタートしましょう。それからは、回復には栄養が欠かせませんので、徐々に食べられるものを少しずつ口に入れ、良く噛んで食べるよう心がけてください。

 

おかゆなど以前に全く体が受け付けない、食べられない場合にはお医者さんに相談して下さい。栄養の点滴を打つなどする事によって胃の回復を待ちながら、点滴で栄養補給もできます。

 

また、胃が消化するのに時間がかかる食べ合わせはしばらくは控えた方がいいですね。肉などの脂っこい食べ物と甘いデザート、肉・魚類など高タンパク質と麺・お米など高炭水化物の組み合わせは胃に負担がかかってしまいますので、注意しなけれねいけませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ