胃潰瘍の治療・回復を助ける野菜・果物とは?

胃潰瘍の治療・回復を助ける野菜・果物とは?

薬を使わない胃潰瘍改善法

胃潰瘍の人におすすめの野菜、果物

私達の体は、日々、何気なく口にしている食べ物、飲み物から形成されています。胃潰瘍など胃腸の病気(先天的なものも少なくないでしょう)になってしまった場合特にですが、「毎日の生活習慣に原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)があったのかな?」「食生活に原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)があるのかな?」と、日頃のライフスタイルや食生活を反省してしまいます。

 

野菜や果物を上手く食生活(必要に迫られて、改善を余儀なくされることもあるでしょう)に取り入れることで、胃潰瘍の治療・回復を助けてくれます。それともう1つ胃潰瘍の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)に有効な食べ方のポイントがあるでしょう。

 

それは、食事をする事できは「よく噛んでたべること」。仕事や家事に追われて、すっかり早食いが得意になっている人多いのではないでしょうか?よく噛む事で食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)の消化吸収を助けるだけでなく、内臓への負担も軽減され、より健康に近づけます。食事をする際は、意識して噛むように心がけて下さいね。

 

具体的に、胃にいいとされている野菜・果物を紹介しますので、食事習慣に活かしてみてください。

 

里芋は、胃潰瘍の改善を行いくれるだけでなく、肥満予防や糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)も改善も期待できます。キャベツは胃の粘膜を再生する働きがあるので、胃潰瘍の予防に役立ちます。

 

カリウムや抗酸化作用のあるビタミンCが豊富です。しかも、キャベツには乳酸菌が付着していますので酵素ジュースにもおすすめでしょう。大根は、でんぷんやたんぱく質(生物の重要な構成物質の一つで、生物に固有の物質なんだとか)、脂分などと言った消化を助けてくれる酵素が含まれているのです。

 

よく大根おろしが揚げ物や焼魚などに添えられているようです。大根おろしと一緒に食べることにより胃への負担が随分違います。長いもは、腸内の毒素(排気ガスやダイオキシンなどを含んだ大気を吸ったり、農薬が残留した野菜や果物を食べることでも体内に蓄積されます)を排出して、胃の調子を良くしてくれます。

 

バナナは、消化吸収が良く、エネルギーに変わってます。マラソン選手は、よくマラソンの前にバナナを食べるかもしれませんよねが、そういう理由からなのでしょう。消化にいい栄養満点(子供の頃は花丸が書いてあることもあったような気がします)な食品としては、お粥、半熟卵、白身魚、ささみ、豆腐、バナナ、りんご、桃、麦茶、牛乳(最近では、給食のメニューに含まれていない学校もあるのだとか)、ヨーグルト、カボチャ、人参、プリン、ゼリーなどが挙げられます。

 

人の体は、三年の周期で変わるそうです。これから、上記のような胃に良いとさせる食事に変えて続けてみてください。三年後、あなたの体が今とどう変っているのか楽しみわけです。


ホーム RSS購読 サイトマップ