食生活が原因で胃潰瘍になってしまう

食生活が原因で胃潰瘍になってしまう

薬を使わない胃潰瘍改善法

胃潰瘍の回復を助ける食事療法

暴飲暴食、寝る前に食事をとる、よく噛まないで早食いする、刺激物の過剰摂取。日頃の食生活が原因で胃潰瘍になってしまう人が多いそうです。

 

仕事のストレスなど違う原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)があっても、食生活(低カロリーで栄養バランスのとれた食事を三食規則正しく食べるのが理想です)の乱れが輪をかけて、胃に負担をかけてしまうのですね。

 

胃潰瘍など胃腸病を患っている方の食事と聞いてまず、頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)に浮かぶのは、「梅干しとおかゆ」じゃないでしょうか?おかゆなら胃に負担かけることなく栄養もとれますものね。

 

しかし、これは急性期のみでよく、安定期には、傷ついた胃壁の回復を図る為、逆に、十分な栄養を摂らなければならないでしょう。以下が、胃潰瘍の人に気をつけてほしい食事のポイントになりますね。

 

  1. バランスがとれ、栄養の豊富なものをいただきましょう。
  2. 消化しやすく、刺激の少ない食事つくりを心がけましょう。
  3. よく噛みて下さいね。
  4. 腹八分目で止めておいて下さい。
  5. 毎日規則正しく食事した方がいいのです。
  6. 楽しい雰囲気の中で食事にして下さいね。

 

腹八分は胃だけでなく、色々な臓器の健康を守る面でも大事であると言われていますよね。粗食や、昔ながらの食事も最近では見直されています。女子の間で、プチ断食なども流行っていますよね。これは、普段働かせっぱなしの胃を休めることが目的です。胃腸の中をからっぽに近い状態にします。

 

アレルギー、アトピーに悩む人や、体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)改善したいという方にはおすすめでしょう。終わると、体がスッキリとし、肌の調子も良くなると思いますよ。

 

こういう健康法が人気であると聞くと、いかに私達が日常で胃を酷使しているか、考えさせられます。子供の頃は、「たくさんおなかいっぱい食べなさい」とお母さんに言われましたね。しかし、大人になると、必ずしもご飯をたくさん食べる人イコール、健康な人ではないのですね。

 

胃潰瘍になったことは、これまでの食生活を見直すチャンスです。胃潰瘍で食生活を見直してから、以前より健康的になれたという方もたくさんいると思います。それ程、日々口にする食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)は大切だということです。


ホーム RSS購読 サイトマップ