急性胃潰瘍とは?

急性胃潰瘍とは?

薬を使わない胃潰瘍改善法

急性胃潰瘍

胃潰瘍にも2種類の異なるタイプがあります。急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍です。これらは、でる症状も、胃潰瘍になった原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)も違ってきます。

 

ここでは、急性胃潰瘍について詳しく説明してみようと思います。症状としては、胃の痛み、胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)焼けなどが突発的に起こるのです。また、ひどい場合には、いきなり吐血したり、一度に大量の出血を起こすケースもあるかもしれません。

 

胃潰瘍になった原因としては、風邪薬(総合感冒薬のことです)などの消炎鎮痛剤(鎮痛薬ともいいますね)の服用や、精神的なストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)、アルコールの飲み過ぎなどが考えられます。

 

従来は、急性胃潰瘍の原因として、特にストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)が重要視されていました。しかし、実際には一味違う結果がでてきているようです。薬物の服用やストレスが原因の急性胃潰瘍は、胃潰瘍全体の約1割ほどしかないそうです。

 

治療としては、まず、胃潰瘍の原因を除去することが大切になります。しかし、それでも改善が見られない場合や、慢性胃炎の場合は、対症療法が行われます。対症療法には、内科的アプローチと外科的アプローチで胃潰瘍の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)にあたります。

 

 

内科的治療には、薬物治療と内視鏡的治療があります。

 

薬物療法では、具体的に次のような薬物を服用します。胃酸分泌抑制薬(胃酸の分泌を抑える事で、潰瘍を治りやすくします)、胃粘膜保護薬(胃の粘膜を保護するための薬です)、運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)機能改善薬。

 

また、胃の粘膜に出血がみられる場合などには、内視鏡による治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が行われます。先端に治療器具を付けた内視鏡を口から胃の中に入れ、出血している患部を特殊なクリップで留め、出血を抑制するというものです。

 

内科的治療を行っても出血が止まらない場合など、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が重いときには外科的治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)(手術)を行われます。


ホーム RSS購読 サイトマップ