胃潰瘍の原因とされるピロリ菌の検査方法

胃潰瘍の原因とされるピロリ菌の検査方法

薬を使わない胃潰瘍改善法

ピロリ菌の検査方法

胃潰瘍の原因とされるピロリ菌。ピロリ菌のあるなしをしらべる検査には様々な種類があるでしょうか?まず、内視鏡検査を必要としない診断方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)には、以下のものがあるんです。

 

1、胃カメラ(内視鏡検査)・・・潰瘍の状態を観察し、胃粘膜の細胞を一部採取して、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリというのが正式な名称ですが、ピロリ菌の方がよく使われていますね)の有無、病気がどの程度進んでいるのかなどを診断します。

 

2、尿素呼気試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)・・・ピロリ菌の有無を調べるための、体に負担のかからない検査です。錠剤を飲んで、袋に吐きだした空気を計測、検査します。

 

3、血液検査・尿検査・・・人間はピロリ菌など、細菌に感染すると、その菌に対する抗体が作られます。その抗体を利用して血液や尿を用いてピロリ菌の有無を測定します。

 

 

次に、内視鏡検査を必要とする診断方法は次のだと言われているんです。
1、培養法・・・ピロリ菌(経口感染すると考えられており、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないようです)を培養して診断します。

 

2、組織学的検査法・・・組織の中のピロリ菌(経口感染すると考えられており、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないようです)を検査します。

 

3、迅速ウレアーゼ法・・・ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリというのが正式な名称ですが、ピロリ菌の方がよく使われていますね)の出すウレアーゼというアルカリの酵素(生物の体内でタンパク質を元にして作られています。全ての生命活動に不可欠な物質です)を調べます。

 

4、PCR法・・・組織の中の核酸を調べます。

 

これらの方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)で、胃潰瘍の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)のひとつと考えられているピロリ菌の有無の検査を行います。もし、ピロリ菌がいた場合は、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリというのが正式な名称ですが、ピロリ菌の方がよく使われていますね)を除菌する抗生物質を一週間程度服薬します。

 

途中で中断してしまうと、またもう一度やり直しになるので注意して下さい。ピロリ菌の除菌は、一週間ほどですが、胃潰瘍の治療はその後も一定期間治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)が必要です。

 

 

近年では、ピロリ菌(ヒトやイヌ、ネコなどの胃に生息する細菌で、胃潭瘍や悪性腫瘍の原因になることがあるといわれています)にいいヨーグルト(ソフトヨーグルト、ハードヨーグルト、飲むヨーグルト、フローズンヨーグルトの四種類に分けられます)、「lg21」も人気ですね。LG21ヨーグルトには、ピロリ菌を減らす働きがあることがわかっています。腸内の環境を整えてくれる健康補助食品として、日常から摂取するのもいいかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ