胃潰瘍の原因のピロリ菌とは?

胃潰瘍の原因のピロリ菌とは?

薬を使わない胃潰瘍改善法

ピロリ菌とは?

胃潰瘍の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)にもなっているピロリ菌。最近では、テレビでもよく耳にしますよね。でも、詳しくピロリ菌(経口感染すると考えられており、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないようです)のこと知っているでしょうか?名前だけは知っているという人も、この機会にピロリ菌について正しく理解しておきましょう。

 

ピロリ菌(1983年にオーストラリアのロビン・ウォレン氏が発見した細菌の一種です)とは、正式にはヘリコバクター・ピロリ菌(経口感染すると考えられており、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないようです)と言って、胃粘膜に感染する、らせん状の細菌のことです。

 

胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍にかかる人は、ピロリ菌(経口感染すると考えられており、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないようです)に感染している率が高いことがわかってきています。

 

ピロリ菌は、口からの感染が主体と考えられています。感染に影響を及ぼす要因としては小児期の衛星環境が挙げられます。例をだすと、母親が口移しで物をあげたりキスをすることで、子供にも感染している場合もあるそうです。

 

ピロリ菌は胃粘膜に住みつきます。胃粘膜以外の生存条件が悪いところでは、丸くなって冬眠状態となって生き延びます。そして、口から口へと感染し、胃粘膜に入り込むと活動し始めるのです。

 

ピロリ菌が感染して起こった胃潰瘍の治療には、主に胃酸の分泌を抑え、潰瘍を修復する薬を服薬します。そして、胃潰瘍の原因となったピロリ菌を除菌する抗生物質を1週間程度服薬します。大事なのは、これからです。ピロリ菌の除菌は、一週間ほどですが、潰瘍の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)はその後も一定期間治療が必要です。

 

ピロリ菌の除去が終わったからといって、自分の判断で薬を飲むのを止めたりすると、なかなか完治することはありません。かえって治療が長引きます。医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の指示通り、決められた期間はしっかり服薬してしっかり治してくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ