胃潰瘍の検査方法は?

胃潰瘍の検査方法は?

薬を使わない胃潰瘍改善法

胃潰瘍の検査

ストレス、ピロリ菌、食生活の乱れ等、胃潰瘍発症の原因も実に様々でしょうね。そして、胃潰瘍の検査方法は2つあるものです。皆様も、経験ありますねが、どちらも、一歩引いてしまうような検査ですよね。

 

1つめは、レントゲン(X線撮影、レントゲン撮影ともいいますね)検査(X線検査)です。胃潰瘍のおおきさや潰瘍の周りの粘膜、胃壁、変形の様子を観察します。バリウムを服用後、体の向きを色々と変えて撮影します。

 

2つ目は、胃カメラ(内視鏡検査)です。潰瘍の状態を観察し、胃潰瘍の原因とも言えるピロリ菌の有無、病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)がどの程度すすんでいるのかなどの症状を観察します。胃カメラが喉を通る時に少し抵抗感がありますが、5〜15分ほどで終わります。「胃カメラがのどを通る感じがどうも苦手!どうしても、ウエッとなってしまった!」という方には、こちらをおすすめします。

 

近頃は、鼻から行う内視鏡検査もあるんです。鼻から行う内視鏡検査は私も経験済みですが、思ったより平気でまたたく間に検査終了でした。胃カメラが鼻の穴に入ってしまえば、あとはスルスルと入ります。ただ、女性は男性より、鼻の穴が細い為、鼻からの検査が困難な人もいるそうです。

 

検査前の注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)事項としては、検査前は胃の中を空にしておく必要がある為、前日の午後9以降は食事はぜず、当日は飲食することは出来ません。また、タバコは胃液の分泌をうながすため、検査前の喫煙は禁止です。

 

人間ドック、健康診断を専門に受けている医療機関も最近では増えてきています。そのような所は、毎日何人もの胃カメラ検査をしている為、検査をしてくれる技師の方も大変慣れているように思いるでしょう。ですから、それほど苦しむことなく滞りなく検査してくれるので安心ですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ