胃潰瘍は薬で治療する?

胃潰瘍は薬で治療する?

薬を使わない胃潰瘍改善法

胃潰瘍の治療

最近は、不況続きでストレスを原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)に胃潰瘍になってしまう人が多いそうです。医療の進歩で、胃潰瘍にかかっても、最近では大半が手術をせずに薬で治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)をするようになりました。

 

しかし、再発も非常に多いのがこの病気の特徴でもあるでしょう。もう治ったと自分の判断で服薬を止めてしまうと危険です。再発の原因となりますので、ドクターの指示に従って決められた期間はしっかり服薬してください。これが、再発を防ぐ最良の方法です。しっかり治して健康な胃を取り戻し、再発を防ぎましょう。

 

また、自分にあったストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)解消法を見つける事が大事になってきます。「ガス抜き」、「休むこと」は、仕事を長く継続する為には、とても大事になってくるのです。

 

胃潰瘍になりやすいタイプとして、神経質(細かいことを気にする価値観を他人にも押し付ける場合に使われることが多いようです)な人、几帳面な人、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)をため込んでしまう人、よく気がきく人、悩みや責任(何か問題が起こったら、所在をはっきりさせないと、再発する可能性が高くなります)を1人で抱え込もうとする性格の人が挙げられています。

 

こういうタイプの方にとって、「ガス抜き」は、一見悪いことみたいに感じるのかもしれないですが、何事にも緊張と緩和は、大事なことです。緊張状態ばかりが長期的に継続してしまうと、胃だけでなく体に色々と支障がでてきます。リラックスすることは、けして悪いことではないのですから。むしろ、リラックスしたプライベートがあるからこそ、仕事の緊張感が心地のよいものになるのだと思います。

 

あと、規則ただしい生活・食生活を心がけましょう。胃の負担になる香辛料や高脂肪食、アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)などは避けてください。この際、禁煙(喫煙してはいけない場所、または、喫煙を止めた人をいいます)にチャレンジするのもいいかもしれません。

 

きっと改善を早める手助けではないかと思います。胃潰瘍は一般的に2〜3ヵ月間の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)で良くなりますと言われています。


ホーム RSS購読 サイトマップ