完治が難しい胃潰瘍、十二指腸潰瘍

完治が難しい胃潰瘍、十二指腸潰瘍

薬を使わない胃潰瘍改善法

胃潰瘍になりがちなタイプの人

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、非常に再発率の高い疾患なのです。一度かかると一生涯潰瘍になると言われる程、その方の性格と大きな関わりがあるんです。一生っていうと、それはもう、持病のレベルですよね。それほど、完治が難しい胃潰瘍、十二指腸潰瘍は、どういったタイプの人に多くみられる病気なのでしょうか?

 

胃潰瘍は、神経質(どちらかというとマイナスなイメージのある言葉ですね)な人、几帳面な方、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)をため込んでしまう人、よく気がきく人、悩みや責任を一人で抱え込もうとする性格の人がかかりやすい病気なんです。

 

まじめな人ほどかかりやすい病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)なのかなかもしれませんよね。会社や、家庭の為に本人は一生懸命になっているのに、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)が原因で、胃潰瘍になってしまった。

 

まじめ人が一番かかりやすいとは、複雑な気分となっています。では、このようなタイプの人等が、ストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)を原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)に胃潰瘍にならないのでにどうすればよいのでしょうか?どのようにストレスと向き合ったら良いのでしょうか?

 

人の性格(人や動物の性質を表わす言葉です)はなかなかかえることが難しいものです。年を重ねていくほど、ますます難しくなってくるですね。そこで大事になってくるのが、ストレスを溜めないように、自分にあった気分転換法、ストレス解消法を見つけることが大切になります。

 

あなたは、ストレス解消法を持っていますか?最近、女子にはやっている山ガールやジョギング。これらもストレス解消にはいい趣味と言えますよね。どっちも、山に登っている間、走っている間はそのことに生涯懸命集中して他の事を考える余裕もなくなってきます。それがいいのです。

 

日常の悩みから離れ、まったく別のことをしてみる。これが、大事なんですね。そうゆう意味では、お料理もいい気分転換だといえるでしょう。最近は男性が台所でお料理をするのも普通になってきています。自分で自分の食べたいものを作る、そして食べる。いつもと違うことをするという事は、いろいろな発見もあり、あらたな自分を発見できる場でもあるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ