胃潰瘍はなぜ繰り返し再発するのでしょうか?

胃潰瘍はなぜ繰り返し再発するのでしょうか?

薬を使わない胃潰瘍改善法

胃潰瘍の原因とは?

なんで胃潰瘍になるのでしょうか?なぜ繰り返し再発するのでしょうか?それには、さまざまな原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)が考えられるようです。以下の胃潰瘍になる原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)の中であてはまる項目はないですか?

 

1、イライラ、過労、睡眠不足、緊張、不安、手術前などからくる肉体的・精神的ストレス(過に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が胃に影響を与えていますね。

 

2、胃潰瘍の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)の7割以上がピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリというのが正式な名称ですが、ピロリ菌の方がよく使われていますね)とされています。また、十二指腸潰瘍においては九割を占めています。ピロリ菌は、口から入って感染すると言われています。ピロリ菌にかかると、まず、慢性胃炎となり、そのごく一部が慢性胃潰瘍などでしょう。ピロリ菌が原因の胃潰瘍の場合、抗生物質を1〜二週間服用して、ピロリ菌を除去が治療だと言えますね。きちんと期間服用すれば治ります。

 

3、刺激の強い香辛料(シナモンやウコン、ショウガなど、漢方薬でも使われるものもあります)や熱過ぎたり冷たすぎる飲食物を過剰に摂取し続けた場合も胃潰瘍の原因になる場合もあるようです。

 

4、いたみ止めやステロイドなどと言った強い薬や長期にわたる服用などで胃に負担が掛かり胃潰瘍になる可能性もあります。これらの薬は痛みを抑えてくれますが、胃腸の粘膜を荒らしてしまったりする副作用がある為す。そのような薬を処方されてた際には、一緒に胃腸薬も処方を受けると安心です。

 

5、喫煙(日本では、ポルトガルの宣教師が室町時代末期頃にもちこんだのが始まりだそうです)は「百害あって一利なし」です。胃に限った事ではなく、肺にもよくないでしょう。胃粘膜の血流を低下させるため胃潰瘍の引き金となることがあります。また、大量の飲酒やコーヒーは胃に負担がかかりすぎて胃潰瘍の原因となることがあります。

 

6、暴飲暴食、寝る前に食事をとる、よく噛まないで早食いするなど、どれも胃に負担がかかってしまいますのでご注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)を。一定しない食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)は胃に限らず、体の調子も狂わせてしまうので気をつけましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ