子供のいびきは大丈夫?

子供のいびきは大丈夫?

薬を使わないいびき改善方法

何らかの疾患が原因の場合が多い

基本的に子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)はいびきをかかないものなので、いびきは大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか?周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)だけの症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)だと考えている方も多いかと思いますが、それは間違いです。最近では、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)でもいびきをかく子が増えてきているなんです。

 

それでは、子供がいびきをかく場合に何か心配する必要があることはあるのでしょうか?

 

まず、子供がいびきをかく原因ですが、ほとんどの場合、鼻詰まりか、扁桃肥大が原因のです。子供は大人のように気道が発達していないため、気道が狭くなっています。いびきの原因になるこの気道が狭いために、いびきをかくと言った症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)につながりやすくなってしまうのです。

 

いびきをかくようになると、夜、熟睡することができなくなって、昼間ボーッとすることが多くなります。集中力の低下や運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)能力の低下、さらにも、落ち着きがなくなるなど、弊害がとても多くなるでしょう。

 

また、一定時間無呼吸が続くような睡眠時無呼吸症候群であった場合には、発育不良や知能低下などの原因になってしまうこともあります。この場合は、初期の段階でみつけてがとても重要となってくるでしょうので、いびきをかいている場合はその間隔などに気をつけてみてあげるようにしてください。

 

扁桃肥大が原因のいびきの場合は、手術によっても切ることもできますから、ぜひ考慮に入れてみるといいでしょう。手術することにより、いびきの症状が無くなれば、今までのいびきによる弊害が劇的に改善されるのです。

 

どちらにしても、もし、子供がいびきをかくようになったら、何らかの疾患が要因の場合が多いため、耳鼻咽喉科や小児科を受診するようにしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ