横向きに寝るといびきはかかない?

横向きに寝るといびきはかかない?

薬を使わないいびき改善方法

グッズなどを利用してみるのも一つの方法

いびきをかかない方法として、横向きに寝ると良いと言いますが、これは本当に効果があるのでしょうか?1人で寝るときはあまり気にしなくても、友達と旅行に行く時など、絶対にいびきをかきたくない事もあるかもしれませんよね。

 

どうにかしていびきをかかない方法はないものかと、考えた人も多いのではないでしょうか?いびきを改善する方法は色々あるのですが、一番手っ取り早い方法としては、やはり、横向きに寝ることのようです。

 

それには、扁桃腺が関係しているのです。仰向けに寝ると、気道を扁桃腺が塞いでしまう事により、いびきが発生してしまいます。横向きに寝ることで、気道が塞がらなくなり、それによっていびきをかかなくなるのです。

 

しかし、本当に横向きに寝るだけでいびきをかかないのか、疑問に思う方もいるでしょう。自分自身は寝ているわけですから、本当にいびきをかいていないのか自覚出来ませんし・・・。寝ている間に寝返ってしまっている事もあります。

 

それに、横向きに寝ると落ち着かないという方もいます。ご自身のいびきをチェックする方法としては、同居してる人がいれば、いびきをかいていなかったか聞いてみることが出来るでしょう。

 

一人暮らしや聞けるような相手がいない場合は、寝ている間中、録音しておく必要があるといわれているのです。横向きで寝ることでいびきが改善されるようであれば、横向きで寝やすいグッズなどを使うのも一つの方法だと思います。

なぜ、いびきをかくの?

旦那様と寝室が同じといった場合には、夜ごとのいびきに悩まされている奥様も実は多いのでは?「男の人だから、いびきをかくのは仕方ない」、「こっちが先に寝てしまえば、気にならないから」などと思って、旦那様のいびきをそのままにしておく奥様がほとんどだと思います。

 

でも、もしかすると、そのいびきによって、色んな病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)が引き起こされる可能性ってありますよね。まず、そもそも、なぜいびきをかいてしまうのでしょう。いびきとは、喉や鼻の「上気道」という気道の中の粘膜が振動して、音が鳴る症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)のことを言います。

 

睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)時には、全身の筋肉が緩むため、この上気道の筋肉も同じように緩んでしまい、気道が狭められてしまいます。すると、息をする際の粘膜の振動が通常よりも増してしまい、振動する音や空気の抵抗音がいびきの症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)となってあらわれるみたいですね。

 

また、この上気道は、飲酒や肥満、病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)や加齢、ストレスなど、いろんな原因によっても狭くなります。ただ、このような原因で、一時的に起こるいびきであれば、それほど心配する必要はありません。

 

しかし、毎晩必ずいびきをかく人、隣の部屋まで聞こえてしまうような大きないびきをかく人は、いびきの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)を探ってみる必要があるでしょう。本人も安眠できませんし、何より周りで寝ている人に迷惑がかかるのです。

 

その上、いびきが途中で止まったまま、しばらく途切れてしまうような人は要注意です。このような症状がある人は、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群の疑いもある為、早めに専門の医師に相談することが必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ