いびきを病院で治療する?

いびきを病院で治療する?

薬を使わないいびき改善方法

速やかな治療が必要な代表格は?

いびきで病院に行くなんて・・・と思う人もいることでしょう。しかし、いびきの原因となる疾患がある場合は病院で治療することが必要になるのです。それでは、いびきを病院で治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)しようと思った時、何科にかかればよいのでしょうか?

 

いびきの原因となる疾患がはっきりと分かっているのならね、それに対応する科にかかるのが一番です。例えば、鼻詰まりを起こしている人なら、まずは耳鼻咽喉科を受診して治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)するといった感じになります。

 

でも、いびき自体、自分では自覚しにくく、明らかな原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)が分からない場合も多いです。いびきの原因によって治療方法も様々ですから、一番良いのは睡眠障害(睡眠に関するあらゆる障害のことをいいます)専門のお医者さんが在籍する病院に行くことではないでしょうか?インターネットでも睡眠医療認定医を探すことが出来ます。

 

病院によっても、睡眠専門の外来やいびき専門の外来を設置しているところもあります。そのような病院であれば、検査から診断までスムーズです。医療機関(入院できるベッド・病床が20床以上で病院、病床がないか、20床未満だと診療所と名称になります)で受けられる治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)としては、内服指導、生活指導、医療器具装着(マウスピースなど)、手術、高周波治療、持続陽圧呼吸療法といったものがあります。

 

速やかな治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)が必要ないびきの原因の代表格が、睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)でしょう。睡眠中に呼吸が一時的に止まってしまうので、体中が酸素不足に陥ってしまいます。それにより、熟睡感が得られなかったり、日中に脱力感を起こしたりします。体への影響も出てきますから、できるだけ早く治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を受けた方がいいですね。

いびきをかきやすい人はどんな人?

いびきの悩みは、そうそう人に理解してもらえるものではないんです。けれど、いびきをかきやすい人には、実は複数の共通点があるのです。

 

以下にいびきをかきやすい原因を挙げておきますので、始めてすぐは自分のいびきの原因をさぐり、改善や防止に努めるようにしましょう。

 

肥満・・・肥満ならね、首周りや上気道の内側にも脂肪が付き、気道が狭くなりますので、いびきの原因となります。

 

口呼吸・・・いびきをかく人の大半が口呼吸をすることによりいたり、口をあけたまま寝ていたりしていると言われています。口呼吸をしていると、上気道の振動が増し、上気道の筋肉の緩みがより一層ひどくなるため、舌がのどに落ち込んでいびきの症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が出やすくなるのです。

 

鼻の疾患(原因がはっきりしないことも多く、治療法がみつかっていないものも少なくありません)・・・鼻詰まりがあったりすると、どうしても口呼吸(自分では鼻呼吸しているつもりでも、意外と口呼吸してしまっている人が多いものです)をしてしまったりする習慣がついてしまい、これがいびきの原因になります。

 

舌の肥大・・・舌が大きい場合は、その分、上気道が狭くなりますので、いびきの原因となります。

 

咽頭扁桃、のどちんこの肥大・・・なんらかの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)で咽頭扁桃やのどちんこが肥大している時には、いびきの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)となったり、睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)時無呼吸症候群の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)となったりします。

 

(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)・・・肉体的疲労やストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)が溜まっていると、人間の体は睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)時によっては多くの酸素を取り込もうとします。その結果、無意識に口呼吸をしてしまって、いびきの症状が出やすくなります。

 

飲酒・・・アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)を摂取すると、リラックス(上手にリラックスできないと、ストレスが溜まってしまいますから、自分なりの方法を見つける必要があります)効果がありますからに全身の筋肉が緩むのです。当然、上気道の筋肉も緩みますので、気道が狭くなり、いびきの症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が出やすくなるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ