子どものいびきの原因について

子どものいびきの原因について

薬を使わないいびき改善方法

脳への酸素の回りが悪くなり発達に大幅に影響を及ぼしてきます

子どものいびきの原因には、どんな事があるのでしょうか? 子どもは、いびきをかくことはほとんどありません。すやすやと寝息をたてるのが子供の睡眠で、もしも子供がいびきをかいているならば、なんらかの病気持ちだと思った人が良いでしょう。

 

活発に行動的に動き回ることで、子どもは日々成長していってください。昼間に眠そうだったり、疲れが取れていない様子の時は睡眠不足と言うところもも考えられるのです。寝不足が何日も続けば、脳への酸素の回りが悪くなり、発達に大幅に影響を及ぼしてくるものです。

 

子どもがいびきをかいていたら、「どのくらいのいびきか」「無呼吸はないか」等を観察して、即座に耳鼻科や小児科で診てもらう必要があるのです。子どものいびきは3歳から6歳の間によく見られますが、ほかの年齢でも子どもがいびきをかくことはあるのではないでしょうか?

 

また、脳炎や脳性マヒ、髄膜炎の後遺症としていびきをかく時もありますよ。子どものいびきの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)で一番少なくないのは、扁桃腺の肥大です。この扁桃腺の肥大は、子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)にはよく見られる病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)だから、病気(先天的なものも少なくないでしょう)そのものに対しては神経質(細かいことを気にする価値観を他人にも押し付ける場合に使われることが多いようです)になる必要はないです。

 

扁桃腺が肥大していては、食べ物が飲み込みにくくなります。喉の温度も上昇して、水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)を沢山取るようになり、栄養分のバランスが崩れてきてしまいますよね。

 

そして、気道が狭くなり、いびきをかくようとなっているんです。その他に、鼻の病気もいびきの原因となる場合があります。アレルギー性鼻炎などの病気に掛かると理解していないうちに口での呼吸に変化していき、子どものいびきの原因となります。アレルギーを起さないように、換気や掃除をしっかりと行うことが重要です。

家族のいびきがうるさい時は?

一緒に寝ている家族のいびきがうるさくて、睡眠不足(睡眠の質が悪いと長時間寝ても陥りやすくなります)になったり、酷いと不眠症になったり・・・。そういう体験はありませんか?

 

一緒に寝ている人は大迷惑なのに、いびきをかいている自分には全く自覚がないなんて場合も多いでしょうね。

 

「あなたのいびきがうるさいから眠れない!治して!」なんて正面から言っても、いびきをかいている自分が自覚していない為にケンカになってしまったり、気まずくなってしまった可能性があります。

 

可能であれば、ベッドルームを分けてしまうのも一つの方法です。

 

しかし、夫婦の場合は、ベッドルームを分けてしまう事でコミュニケーションが取りづらくなるという可能性があります。ですので、別々の部屋で寝るというのは、最終手段にした方が良いのではないでしょうか?

 

もし、いびきをかいている事を自分が認めてくれないなら、いびきを録音して自分に聞かせてみましょう。このごろでは、携帯電話にもボイスレコーダー機能がついているので、手軽に録音できることもあります。

 

いびきが途中で途切れ、無呼吸でいる時間があるようなら、無呼吸症候群を疑った方がいいでしょう。いびきをかいているのも、無呼吸の時間があるのも、体には負担がかかります。

 

いびきをかいている方は、気持ち良さそうに寝ているようにみえますが、実をいうと眠りが浅くなっており、慢性的な睡眠不足(睡眠時間は長いのに、朝起きるのがつらかったり、寝た気がしない場合には、睡眠の質が悪いのかもしれません)に陥っていることも多いものです。

 

いびきくらいでなにも病院に行かなくてもと思いがちですが、できるだけ早くいびきを止める努力をなさってください。


ホーム RSS購読 サイトマップ