いびき防止グッズの種類について

いびき防止グッズの種類について

薬を使わないいびき改善方法

鼻の上に鼻腔を拡大するテープ

いびき防止グッズは、いろいろな種類の物が販売されています。いびき防止グッズをうまく使えば、いびきの容態が軽くなるかもしれません。

 

利用される事が多く、ドラッグストア等で簡単に購入することが出来るいびき防止グッズと言えば、鼻テープ(昔は音楽や画像を録るのに使ったものですが、最近はデジタルが主流になっていますよね)です。鼻テープは、鼻の上に貼って使ういびきに効果的なテープ(昔は音楽や画像を録るのに使ったものですが、最近はデジタルが主流になっていますよね)で、鼻腔を拡大する働きをしてくれるものです。

 

プラスチックのバーがついたテープ(新規オープンの式典などでは、セレモニーとしてカットしたりします)もあり、皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)がデリケートな人にもお勧めですよ。鼻の上に貼るテープを使用することで、31%も鼻の通気が改善されたという資料も出ていますから、一番簡単で気軽に使用できる割には、いびきを改善する効果が期待できます。

 

鼻腔を拡大するタイプのいびき防止グッズのなかには、鼻の内部に入れて使ってみる物もあります。シリコンや小さなプラスチック素材で、端の両側を鼻の内部に入れて小鼻を拡大する物です。鼻の上にテープを貼るのが嫌だという方は、こちらを試してみるのも良いでしょう。

 

また、鼻の乾燥を防止することも、いびき防止には大事なので、加湿器を用いて部屋の乾燥を防いだり、点鼻薬を使用してみるのもいびき防止として役立つと考えるのです。もし、口で呼吸をするのが習慣になっているのだったら、マウステープを使用するといびき防止に効き目があるんです。

 

でも、マウステープは鼻が詰まっている時には使えありませんから、鼻に異常がない口呼吸(鼻呼吸よりも酸素が吸収されにくかったり、免疫力が低下したりするのだとか)の時のみに限ります。鼻の上に鼻腔を拡大するテープを貼り、口にマウステープを貼る等、複数のいびき防止グッズを併用すると、よりいびき防止効果があるでしょう。

寝言の予防と治療法とは?

寝言を発してしまったりする原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)の大半は、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)になるかもしれません。ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)を上手く発散させる事が、寝言を予防する一番の方法だと思います。

 

ストレスを上手く発散する事が出来れば、熟睡にも繋がります。浅い眠りも寝言の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)だといわれているので一石二鳥なんですよ。

 

日々の就寝時間が不規則であったり、寝具が自分の体に合ってないと、これもストレスになり、寝言の原因になってしまう事があります。ですから、自分にフィットとした睡眠環境を整える事も、寝言を予防するためには大事な事なんです。

 

ほかにも、ビタミンC(不足し続けると、壊血病を起こすこともあり、人体には必要不可欠です)をたくさん摂取しますのでに、野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)をメインとした食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)にする、日頃から適度な運動をする等が寝言の予防に繋がります。

 

定期的に、ウォーキングや筋トレを15分程度行う慣習をつけ、運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)をした後はリラックスタイムを設けるといいでしょう。お風呂にゆっくり入って気分をリラックスさせ、疲れが十分とれてから、お風呂上りに軽くストレッチをするのも有効だと思います。

 

夕方以降は、カフェインを含んだ飲み物を飲まないようにしたり、寝る一時間前にホットミルクを飲むのも、寝言の予防にいいと言われています。ミルク(粉ミルクには、全粉乳、脱脂粉乳、調整粉乳、乳児用調製粉乳、妊産婦・授乳婦用粉乳などがあります)に含まれるカルシウムがイライラ防止に、トリプトファンが安眠に効果があります。

 

上記の方法をみても、やはり寝言の予防のためには、ストレス解消が重要なようですね。あとは個人差がありますが、飲酒も寝言の原因になるので心当たりがあればお酒を飲む量を少し控えてみるのも良いでしょうね。


ホーム RSS購読 サイトマップ