いびきの病院での治療法はどんなの?

いびきの病院での治療法はどんなの?

薬を使わないいびき改善方法

レーザーによる手術

病院では、どのようないびき治療を行うのでしょうか?まず、いびきの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)を見付けていきます。医師がそれに基いた治療を行いいくかもしれません。

 

主な治療として、マウスピースの装着や、レーザー治療などがあります。マウスピースを装着することによって、あごの位置が前に出るようになります。

 

それによって気道が広がり、空気の通りが良くなります。空気の通りが良くなれば、いびきも治まってきますよね。マウスピースは、市販されているものもありますよ。自分で口のサイズに合うように、カット出来たりもします。

 

しかし、顎関節症になりやすい人とか、歯の大半が入れ歯の方、歯並びが悪い方など、装着出来ない方もいますので、医師に相談した方がいいのでしょう。

 

次に、レーザー治療ですが、これはレーザーによる手術のことです。手術と言うと驚いてしまう方もいることでしょうねが、手術と表現しても、入院の必要はありません。

 

局所麻酔をして行いますので痛みもないのです。時間も10〜15分くらいで終わってしまってます。出血も無く、副作用(効果が強けれね強いほど、ある程度の覚悟が必要となります)もありません。

 

どのような手術かと言うと、口蓋垂(のどちんこ)の周囲にレーザーを照射して、気道を広げるという手術です。ただ、術後は落ち着くまでに二週間ほど掛かるので、生活面において制限も出てきます。

 

何度か通院も必要です。しかし、9割のほうがいびきが改善したという報告もありますよ。自分に合った治療法で、確実にいびきを解消していけるといいですね。

寝言の原因って?

一般的に寝言を言うのは、眠りの浅いレム睡眠の時だと言われています。レム睡眠の時は脳がまだ起きている状態だから、言語中枢も起きていて寝言が出易いとなっているんです。

 

レム睡眠の時に寝言を言うのですから、寝言が多い時は睡眠不足(認知能力が低下してしまうだけでなく、太りやすくなるといわれています)事になりますよね。疲れているにも関わらず、熟睡出来ないのは、日常的に何かのストレスを受けているのが原因みたいですね。

 

うつ病を患っている方にも寝言が数おおくみられますし、今置かれている生活環境によって、心身に不調が現れると、やはり眠りも浅くなり、それが寝言に繋がるでしょう。

 

どんなに健康な方でも夢を見ていると、その夢の中での言動がそのまま寝言として発せられる事もあるかもしれません。

 

寝言だけで終わればいいのですが、これが壁を殴る蹴るまで行動が発展すると、睡眠行動障害になってしまうので、医師の診断を受けましょう。

 

また、肉体的に疲労が蓄積されいる方も寝言を言いやすいんだとか?寝言をいってしまう原因として一概にこれが原因と断定する事は出来ませんが、ほかにもアルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)が原因で寝言をいってしまうなんて話もあるそうです。

 

アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)には眠気を誘う作用があるとはいえ、お酒を飲むと完全に熟睡(睡眠環境を整えることで、睡眠の質を上げることも可能でしょう)出来ない事が少なくないのです。とはいっても、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)=寝言の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)だと言った訳ではありませんが、実際アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)を多量に摂るようになってから寝言が増えたという方もいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ