いびきが原因で突然死?

いびきが原因で突然死?

薬を使わないいびき改善方法

大きないびきは一歩ずつ死に近づいている

いびきが要因で突然死という話を耳にした事はないですか?真実は、大きないびきは一歩ずつ死に近づいていると表現してもおかしくないのです。

 

いびきをかく人の中にも、半分の人は医者による検診・医療診断を受けなくてはいけない状況であるという資料も出ているのです。大げさだと思われる人も多いと思いますが、いびきは高血圧や心臓病などと同様で成人病(生活習慣が大きく影響すると考えられています)の類だという医者もいるほど危険なものなのです。

 

もしも、いびきをかいている状況ならねば、いびき防止の対策を知っておく事が突然死の危険から免れる事となります。

 

睡眠中に無呼吸になってしまう「睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群」は、40台から五十台の男性に最も頻発する病気です。また、睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)時無呼吸症候群の方には、心臓病や高血圧(高けれね高いほど危険だといわれていますね)の持病の所持者がとても多いと言われています。

 

これらの病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)に関係した脳卒中による突然死は、夜間中に発生行う場合が多いそうです。睡眠時無呼吸症候群の人が、いびきをかいて呼吸が止まっている間に、酸素が減って高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計る必要がありますね)となり、脳動脈が破裂して脳卒中となり、突然死してしまうのです。

 

高血圧や心臓病の人がいびきよりも心配となるのですが、いびきを改善すればこれらの病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)も治癒しやすくなります。心臓病や高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことをいいます)で治療を受けているのであれば、一緒にいびき防止の検診を受ける事をお薦めします。

 

いびきの検診は、呼吸器科や耳鼻咽喉科が専門ですが、持病があっていびきが大きい方は、突然死抑止のために、まずは掛かりつけの医者に相談をしてみてもいいかもしれません。

歯ぎしりの予防と治療法とは?

歯ぎしりの予防・治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)=ストレス解消といっても過言ではありません。歯ぎしりの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)で圧倒的多数を占めるのが、(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)だと言われています。

 

どれくらいストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)を解消していくかが、歯ぎしりを予防・治療するポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)になってくれね思います。

 

歯科医ではさすがにストレス解消法までは教えてはくれないので、一番良いのは睡眠障害として心療内科等で診察してもらう事です。

 

やはり心療内科なんて聞くと気が引けてしまいますよね。すぐに実行可能な歯ぎしりの予防法としては、お酒やコーヒーを飲む分量を減らしてみて下さいね。

 

アルコールやカフェインは身体的にも精神的にもストレスを与えると言われているので、寝る前に飲むのを控えたり、日頃の生活リズム(子供は親が気をつけてあげる必要がありますね)を整える事によりストレスを解消させましょう。これが結構重要なことなんですよ。

 

歯ぎしりの治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)で一番ポピュラーなのがマウスピースです。マウスピースは、歯を守る為のプラスチック製のカバーのような物です。

 

これを寝る前に装着すると、歯や顎にかかる負担が軽減され、歯の磨耗や顎関節症等歯ぎしりが原因で起こる症状も和らげる事が出来るでしょう。これは比較的、簡単に取り組むことができる予防・治療方法と思います。

 

しかし、あまり市販の物を買うのはおすすめしません。市販の物だとサイズが合わなかったりするので、それが逆に(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)になってしまう事にもなりかねません。

 

ただ、マウスピースをする事で歯ぎしりが治るかも?と自分で思い込むことによりストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)が軽減され、それがきっかけで歯ぎしりが治ってしまうなんて事もあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ