人見知りと自閉症・赤面症との関係性

人見知りと自閉症・赤面症との関係性

有名な人見知り改善方法

悩んだり落ち込んだりするよりも

人見知りが重度だと、自閉症といった解釈をする方がいますね。現在でも自閉症については、解明されていない事が少なくないので、「絶対に!」とはいいきれない部分があるとはいえ、人見知り=自閉症ではないのです。

 

自閉症と言う障害は、何かの基準によっては判断されているものではありません。ですから、如何しても曖昧な部分がたくさん残っています。「こういう特徴があれば、自閉症(発達障害の一種で、先天的な脳機能障害だと考えられています)」というものでなく、「こういう傾向があれば自閉症(言語検査、行動検査、発達検査、絵画検査などの検査によって、診断されます)の可能性が高い」と言う判断になります。

 

また、自閉症は多くの場合、人見知りというよりは、人に興味がないという表現の方が近いですね。ですので、極度の人見知りなので自閉症かもしれない・・・と心配になる必要はないでしょう。

 

自閉症かどうかの判断は、軽度のものであれば七歳くらいまで判断を待った方がいいという説もあるんです。人見知りの強弱に限らず、ほかの特徴もあるような時は、一度医師の診察を受けてみてはいかがでしょうか?例えば、いきなりあなただけの世界に入り、他者をシャットアウトしてしまうとか、親を含め他の人に同意を求めない、興味(色々なことに持てるのはとてもいいことだといわれていますね)がない、他の人の評価をまったく気にしない等です。

 

人見知りは改善方法がありますねが、自閉症(テレビの見せ過ぎ、過保護、虐待が原因だという誤った認識が今でも根強く残っているようです)はきちんとした治療法は公表されていないのです。原因も定かでなく、体や脳などに異常がある訳でもないのです。でも、対処法はあるかもしれませんね。素人には判断が難しいため、悩んだり落ち込んだりするよりも、専門家に判断してもらう方が気持ちもすっきりするのではないでしょうか?

赤面症との関係

人見知りと赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)は、似ているようで似ていない、似ていないようで似ている、独特の関係性があります。「赤面症なので人見知りだ」「人見知り(初対面の時や関係性の薄い人なら平気なのに、関係性が深くなっていくと人見知りを感じることも少なくないそうです)ですので赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)だ」と言う一連の法則はとくにないのですが、どちらも「緊張」が主な原因として考えられます。

 

また、一口に人見知りと表現しても、初対面の人と会話すると心拍数が上がるぐらいのものから、終始硬直して声がでない時までありますね。赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)は、確実に顔に緊張が現われるので、それを避けたいと思う事でもっと緊張が起こります。

 

顔が真っ赤になっても、その症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を受け入れていれば、人と話す事に支障がない場合もあるでしょう。しかし、人に赤い顔を見られたくない事から、人見知りになってしまう時もあるようです。人と関わる上で、どちらも多少の問題があるという点では同じと言えるのではないでしょうか?

 

この赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)と人見知りは、自分自身が症状を受け入れる事で、症状を改善、或は軽減できる事がたくさんあります。始めてすぐは、自分自身とちゃんと向き合い、原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)からみつめ直していきましょう。

 

ちょっと抵抗を感じる方もいるでしょうけれど、専門医に相談に行くのも1つの手ですよ。最近は、対人関係に強くなるための学校も存在しますから、それらを調べてみるのもいいかもしれませんね。費用はそれなりに必要にはなってきますが、それで人見知りや赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)が多少なりとも改善できるのだったら、試してみる価値は十分あると思います。

人見知りと自閉症・赤面症との関係性関連ページ

口下手・コミュニケーション・体臭との関係性

ホーム RSS購読 サイトマップ