大人のひきこもりの予防方法って?

大人のひきこもりの予防方法って?

薬を使わない大人のひきこもり改善術

ミスしたくない=何もしない

大人のひきこもりを予防するには、職場での同僚や上司、両親の理解や意識が重要なのです。みんなの意識が変わらないと、ひきこもりは無くならないと思います。大人になった後にのひきこもりには、子どもの頃の教育が影響していると考えられるのです。

 

子どもがミスしたとき、手を差し伸べて上げる事は有効なということなのですね。そのこと自体は、悪いことではありません。でも、それがその都度となると、自分で解決することが全く出来ない子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)になってしまいます。

 

子供の年齢に応じて、両親は見守る立場にならなければなりません。自分で解決していく力を付けてあげなければならないのです。

 

また、体力の衰えも影響してきますね。体力の衰えは、精神力の衰えにも繋がります。机にかじりついてばかりの生活では、体力は付きませんよね。たまには、思いっ切り体を動かし、人との関わりも増やしていくと、もっと良いです。

 

とくにちかごろの日本人は、子どもが失敗しないように、両親が失敗しない道を導いてあげることが少なくないのです。それでは、社会に出て失敗しても、それを克服する方法が判らない状況になります。

 

そこから、ミスしたくない=何もしない、と言う引きこもり(時々は買い物に行ったり、遊びに行く場合でも、引きこもりになります)状況になっていってしまうのではないでしょうか?人は失敗して、その克服方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)を見付けていきます。幼い頃から何も失敗しないで育ってしまうと、克服方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)が分からないままだといえると思います。

 

大人になってからひきこもらないようにする為に、子どもの時からの教育にも注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)が不可欠なのかもしれませんね。

病院に行って克服する?

医学的に引きこもりは病気として診断されません。ですから、心療内科(精神科との違いは非常にあいまいで、その病院によっても畭なるでしょう)や精神科・神経科などで診察をうける事をオススメします。

 

自分自身だに合った医師を見つけるのが一番なのですが、一発でその医師に出会うと言うのも非常に難しいと思います。ネットで検索したり、保健所なんかに相談するのもいいでしょう。基本的な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)としては、カウンセラーや医師と、自分自身の性格の構成や問題点などを話し合うカウンセリングを行います。

 

そのカウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)を何度も何度も重ねていく事により、歪んでしまった部分を矯正したり、生活のリズムを整えていくようにするのです。さらに、このカウンセリング(多数の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)と併せて、薬物療法を行う時もありますね。うつ症状や睡眠障害がひどくみられる時には、抗うつ剤や抗不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)剤を処方されるはずです。

 

あまり容態が重くない時であれば、サプリメント等を使用した方法ってあると思います。でも、薬物療法は引きこもりを治す直接の方法とは言えないですよね。薬のみでは引きこもり(自室や家から出ない状態が長く続くことですが、それでもネット環境の整った昨今では社会との関わりを持てないわけではありません)みたいな心の病を治療するのは不可能になります。

 

それに、あまり薬に頼ってしまいすぎると、薬なしでは生きていけないような薬漬けの人生になってしまう恐れもありますから注意が必要でしょう。とはいえ、抗うつ剤などを服用すると、精神的な症状が和らぐ事は確かです。

 

多少なりとも精神的な症状が和げば、活動範囲が広がるはずです。薬の服用で精神的な症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を和らげ、カウンセリングを受けていれね、なにもしないよりはかなり容態がよくなるんです。


ホーム RSS購読 サイトマップ