大人のひきこもりとマイナス思考の関係

大人のひきこもりとマイナス思考の関係

薬を使わない大人のひきこもり改善術

目標に対して本気で努力できない

マイナス思考といえば、「何をやっても良くない」とか、「このような事をしても無駄だ」等、何に対してもネガティブ(消極的、後ろ向きといった意味で使われています)にかんがえてしまうことですよね。その様な考え方の方は、普通に考えてみてもひきこもりになる可能性が高いです。

 

たとえば、何か失敗してしまった事を注意されたとします。それをどう受け止めるかで、ひきこもりになってしまうかどうかが決まるでしょう。その注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまうこともありますね)を叱責されたと感じたら、「やっぱりよくないったんだ。怒られてしまった」と落ち込んでしまいますね。

 

次にまた失敗してしまったら、「自分のせいで失敗してしまった」と、もっと落ち込んでしまうのです。そうなってしまうと、「どうせまた失敗してしまうから・・・」と思い、最終的にはなにもしない状況になってしまいがちです。そして、最悪の事態として、ひきこもりになってしまうのではないでしょうか?

 

マイナス思考の方は、何に対しても否定的な考え方をしてしまいます。「何をやってもダメだ」と考慮していたのでは、努力する事もできないですよね。努力してみたとしても、自分の持っている力をすべて出し切って努力をするのはなかなかできないでしょう。

 

「ダメだ」と結果が先に出ているので、目標に対して本気で努力出来ない為にす。引きこもり(自室や家から出ない状態が長く続くことですが、それでもネット環境の整った昨今では社会との関わりを持てないわけではありません)とマイナス思考との関係性は、はっきりとはなっていません。しかし、マイナス思考(物事を悲観的にとらえやすいので、幸福感を感じにくいでしょう)は非常にひきこもりになりやすい考え方ではないでしょうか?なるべく、マイナス思考(物事を悲観的にとらえやすいので、幸福感を感じにくいでしょう)にならないように心がけていきたいですね。

最近、主婦に増えてきている

最近、「引きこもり主婦」なんて言葉を多いみたいです。引きこもりは、小学生等低年齢層に多くみられる現象でしたが、近年ではそうでもなさそうなんです。

 

主婦(社会的に孤立することが多い、世界が狭いなんていわれることもあります)の引きこもりは、育児の悩みや夫婦間の悩み、対人関係(いつだって悩みの種やストレスの原因になりがちなものです)の悩み等が要因になっているそうです。何か悩みがあっても、「ま、なんとかなるのです」と考えられる人は良いのですが、正義感が強かったり、責任(行動の自由と表裏一体になっていることがほとんどです)感が強い方ほど、引きこもり(社会との繋がりがほとんどない状態をいいます)になりやすいになります。

 

引きこもりが悪化して育児のノイローゼ(症状が悪化していくうちに、うつ病を引き起こすこともあるようです)になってしまって、子どもの虐待に繋がる場合も少なくはないため注意が必要になりますよね。子育てに関しての相談窓口は数多く設置されていますが、引きこもり(先進国に多く、日本以外でも、イギリスや韓国、アメリカなどでもみられます)をケアしてくれるような窓口が圧倒的に少ないのが現状なんです。

 

とくに引きこもりになりやすいケースとしては、転勤の多い家庭の専業主婦(女性の社会進出が進む一方で、専業主婦になりたいと希望する女性も増えているようです)があげられます。転勤が多いと、一つのところに長く住むという事があまりなく、働きに出るタイミングも失いがちになってしまいます。

 

そうなってしまうと、身内以外の方とコミュニケーションをとる機会も少なくなりますから、引きこもりの専業主婦になってしまいやすいのですね。加えて、子育てに関して協力を得ようとしても夫が協力してくれない等のマイナス要因が加わると、引きこもり(自室や家から出ない状態が長く続くことですが、それでもネット環境の整った昨今では社会との関わりを持てないわけではありません)がもっと悪化してしまうでしょう。

 

こんな悩みを吐き出せるような友人やサークル(高校、大学、企業内、市民団体など、色々なものがあります)を見つけるのが一番いいのですが、ひきこもり(小学生くらいから四十代くらいまでとその年齢層は幅広く、社会問題にもなっています)やすい人はおとなしかったり、人見知りであったりするので、それも難しいかもしれません。

大人のひきこもりとマイナス思考の関係関連ページ

うつ病との関係
大人のひきこもりの対処法
生活習慣で治るの?
予防方法って?

ホーム RSS購読 サイトマップ