不妊治療は病院を変えたほうがいい?

不妊治療は病院を変えたほうがいい?

有名な薬を使わない不妊治療法

病院を変える?

不妊症の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は、精神的にも体力的にも辛いものです。さらに、保険適用(基本的に、最先端の医療技術を使用した治療には適用されません)外の治療も多かったりしますから、経済的負担も掛かってきます。不妊治療(タイミング法から始めるというのが一般的でしょう)が長期間に及べば、希望が持てなくなってしまった方が多い事も仕方のない事ではないでしょうか?

 

不妊症(晩婚化も原因の一端かもしれませんね)の治療を極力負担の少ないものにするなら、一番大事なのは、掛かりつけの医師と信頼関係をきちんと築くと言うことですね。医師に不信感があると、不妊治療(排卵誘発剤を使用することもあります)がさらにつらいものになってしまうでしょう。不妊症(避妊をしなくても一定期間以上妊娠できない、もしくは、妊娠状態を維持できないことをいいます)の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は、何よりお医者さんとの相性が大切なのです。

 

ここで大じょうぶなのか?と不安になったら、一歩踏みだす勇気も必要です。人気のある病院とか、近所の病院とか、初めは魅力的に思えた病院でも、何か違うと感じたら、転院を考えるのは悪い事ではありません。不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)や不信感があるままで通院するほど無駄な事はないですよね。

 

結果がどう変わるかは解りないでしょうが、気持ち良く通える病院がみつかった方が通いやすくなるようですし、ストレスが減るはずです。悩んでいても不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)がつのるだけなら、始めに動いてみても良いでしょう。ちょっとした環境の変化は、気分転換にもなってしまいますからお薦めですよ。

 

不妊症(晩婚化も原因の一端かもしれませんね)のコミュニティなどで情報を収集してると、色々な病院の紹介がされているので、そういう口コミ(最近では、ブログ発やツイッター発の情報から広がることも多いですね)情報を参考にするのもいいでしょう。パソコンなどが苦手だという方は、同じような環境に存在している友人に、お薦めの専門家を聞いてみるのもいいかもしれません。

不妊治療にかかる費用について

不妊治療(化学物質との接触や過度の運動、きつい下着を避けるなど、日常生活でも様々な改善点があります)は基本的に保険適応外です。なので、うける検査や治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)は、基本的に自己負担になります。妊娠・出産をするために、数百万使った・・・なんて話も聞きますよね。

 

そして、自費検査であるという事は、かかる病院により費用が変わってくるということになります。血液検査(採血法に従って血液を採取しないと、正確な結果が出ません)は項目にもよりますが、一〇〇〇〇円かからないことが多いでしょう。

 

タイミング法・・・保険適応になります。どこの医療機関(入院できるベッド・病床が20床以上で病院、病床がないか、20床未満だと診療所と名称になります)でも同一の料金になります。
人工授精・・・1万〜3万程度が多いです。
体外受精・・・30万くらいが多いようです。2回目は1回目より安くなることが多いです。3回目になってしまった場合さらに安くなることが多いのです。
顕微受精・・・40万くらいが多いのです。体外受精と同じく、回数を重ねればちょっとずつ安くなることが多いです。また、受精卵を凍結保存するにも10万円ほどかかるようです。

 

不妊治療は、回数を重ねれば、重ねるほど、その費用は膨大になっていくのです。夫婦の金銭的負担は大きいです。この費用の負担が苦しくて、妊娠をあきらめる夫婦もいることでしょう。

 

お金を貯めてから、またチャレンジするなんて台詞も聞いたことがあります。ただ、最近では、不妊治療(タイミング法から始めるというのが一般的でしょう)に対して助成金が出るようになりました。

 

所得制限もありますし、地方自治体によって違ってくるものですが、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)を授かりたい方の強い味方といえるのです。助成金の申請を検討する際には、とりあえず、お住まいの役所のホームページで助成内容を確認する必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ