不妊治療の費用はいくらぐらいですか?

不妊治療の費用はいくらぐらいですか?

有名な薬を使わない不妊治療法

治療費はいくら?

不妊症(晩婚化も原因の一端かもしれませんね)の治療には、莫大な費用が必要だと多いはずです。でも、「莫大な」といわれても、一千万円なのか、百万円なのかで大きく違ってきますよね。どちらも高額に違いはありませんが、漠然と高額だと思い込み、不妊症(避妊をしなくても一定期間以上妊娠できない、もしくは、妊娠状態を維持できないことをいいます)の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)に踏みだせないでいる方も少なくないようですね。そこで、大まかな費用を紹介します。

 

 

実は、不妊症の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)にも、タイミング法のように、保険適用のものもあるでしょう。タイミング法であれば、一度の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)に必要であるのは1万円〜三万円ほどです。人によっては、タイミング法を一度行っただけで妊娠できる事もあるので、そうなれば、かなり費用は抑えられるはずです。

 

保険適用外ですと、体外受精が有名ですね。こちらは、30万円程度必要といわれています。顕微受精であれね、五十万円程度が相場と思いますよ。これは、治療法を実行する費用の目安ですので、初診費や検査費、通院費などを加算して考えなくてはなりません。初診にはおおよそ二万円前後必要なようです。

 

検査費は内容や病院によってもかなり差があるため、一概にはいえません。詳しい費用を知るには、病院に電話して問い合わせるのが一番早くて確実とされています。また、自治体によって様々な助成金もありますから、それらも合わせて問い合わせしてみてください。それらを利用できれば、思っていたより費用が抑えられるかもしれません。迷っているよりも、行動を起こす事が一番ですよ。

不妊と中絶との関係について

中絶(妊娠22週未満での中絶を流産といいます)を行うようにすると不妊になりやすいと聞いた事はありませんか?おそらく、聞いた事のある方は多いと思います。これは本当なんでしょうか?中絶(要因によって、自然流産、人工流産、自然死産、人工死産に区別されます)手術と言う物は、何らかの事情で、子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)を産んで育てる事ができない女性や、母体が妊娠・出産に耐える事が難しいと想定される場合に行われます。

 

基本的にしっかりとした処置を受けた時は、次の妊娠に影響はないと考えられているのです。しかしながら、妊娠中絶(要因によって、自然流産、人工流産、自然死産、人工死産に区別されます)は、子宮内の胎児を取り除くときに、内容物を除去するとあって、子宮壁に負担をかけてしまう事は間違いません。

 

そのときに傷がつくという事もあるものです。中絶手術を繰り返し行う事で、そのリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)は高まる事になるでしょう。何回も子宮に負担をかけた結果、妊娠しにくい体になるという事も十分考えられるでしょう。

 

また、中絶(妊娠22週以降の中絶で胎児が死亡するケースが死産です)手術がきちんと行われてなかったり、術後の処置があまり良くなかった、術後に無理をし過ぎたこと等が原因で、不妊に至る場合も多いのです。

 

術後に出血がいつまでも続いている、腹痛や発熱がある、生理が再開しない等と言う異常があれば、必ず何らかの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)があるはずです。その理由によっては妊娠出来なくなってしまう場合もあるようです。

 

そういう時は即座に医師の診察を受けなければなりません。本来、妊娠や中絶は子宮に大きな負担が掛かります。中絶手術後には、いつも以上に体調管理に気を配る必要があるのです。

 

中絶(要因によって、自然流産、人工流産、自然死産、人工死産に区別されます)自体が即、不妊につながる事はありませんが、不妊の原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)を作ってしまう可能性はあると言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ