不妊検査の種類について

不妊検査の種類について

有名な薬を使わない不妊治療法

不妊検査の種類

不妊検査を受けるとなると、どういったことをするのか不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)になることと思います。ネットや本を調べた上で下準備していても、緊張するものですよね。では、不妊検査ってどんなものがあるのでしょうか?

 

はじめて病院にかかるときは、問診票を記入行う事がほとんどだと思います。先生はそれを見て診察しますので、婦人科の問診(症状によっては、家族の病歴などもきかれることがあるでしょう)票は独特になると思います。口では言いにくいことを書くようになっているのです。ひとまず問診、内診。その後、状況によって必要な検査を行っていきます。

 

○基礎体温 自宅にて毎日基礎体温を測定し、排卵が毎月きちんと行われているか調べます。
○経膣超音波 子宮の状態や卵胞を観察します。
○血液検査 黄体ホルモンを調べます。
○頸管粘液検査 排卵日のおりものの状態を調べます。
○子宮内膜組織検査 内膜の組織の一部を採取して調べます。
○子宮卵管造影検査 造影剤を使って、子宮や卵管の状態を調べます。卵管の通過具合も見ます。
○通水検査 卵管の詰まり具合をしらべる検査です。
○ヒューナーテスト 性交後の精子の進入具合を調べます。
○抗精子抗体検査 精子にたいする抗体ができていないかを調べます。血液で検査します。
○精液検査 男性側の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)を知るときに調べます。精子の数や運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)率・奇形率などを調べます。

 

最初に排卵がきちんと行われているかどうか?子宮や卵巣に問題はないか?ホルモンに異常はないか?卵管はきちんと通っているか?などを調べた上で異常がなければ、男性側を調べる事になるようです。

不妊治療していることを親や親戚に言う?

不妊治療を始めて、それを両親や義両親に言うか、悩むところでしょうね。しつこく「子供はまだ?」なんていわれるのも嫌だし、そこまでしなくともいいのでは?と思われる事もあるだろうし、また、不妊治療(タイミング法によって妊娠に至る夫婦も少なくありません)に対してどんなに理解しているかもわかりませんよね。

 

ある調査によると、実両親には言っている方が多いですよね。しかし、不妊治療(妊娠に至れない原因を調べ、それを改善する目的で行われる治療です)にもいろいろあるんですが、詳細な事までは言っていない方が殆どですね。

 

本来なら、不妊治療(高額な費用がかかることも多く、女性の体に負担がかかることも少なくありません)を受けている事を言って、周りの理解を得る事は大切でしょう。

 

言いたくない理由として、「しつこく聞かれそうなので話したくない」「周りに言いふらされそうで話す気になれない」「子供を作るのに高いお金を支払っているように言われるのが嫌ですので」「嫁として体に問題があるように思われそう」等があるでしょう。

 

義両親に不妊治療(妊娠に至れない原因を調べ、それを改善する目的で行われる治療です)のことを言うかどうかは、両親の性格をよく理解している旦那さんと相談しながらみた方がいいでしょうね。不妊治療(タイミング法によって妊娠に至る夫婦も少なくありません)は夫婦の問題ですから、言う必要が無いと思えば、ずっと言わないでいるのも一つの選択です。不快な思いをする事が予想出来る時は、あえて不妊治療の事を話す必要はありませんよね。

 

不妊治療が長くなってくると、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)がたまり、精神的にも肉体的にも辛くなってくる事があるようです。信用できる方に不妊治療の事を話しておいて、いざという時に力になってもらうと、その辛さもきっと乗り越えられるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ