不妊は血流に問題がある?

不妊は血流に問題がある?

有名な薬を使わない不妊治療法

血流に問題がある?

血流が悪くなると、冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)や肩こり、腰痛などになるのは有名ですよね。疲れやすい体も、血流が関わっている事が多いことでしょう。実は、血流が悪くなってしまうと不妊などにも繋がります。子宮や卵巣へスムーズに血液が流れなくなると、排卵が正常に行われなくなったり、赤ン坊を育てる環境が悪くなってしまうりしてしまいます。

 

その為、不妊症に限った事ではなく、せっかく授かった赤ちゃんを早産したり、流産してしまう可能性もでてくると言われているものです。血流が悪ければ妊娠できないのか?と言われていてればそうとはいいきれませんが、血流をよくする事で、妊娠の可能性をちょっとでも上げられる可能性があるなら、試さない手はありませんよね。

 

 

血流をよくする為には、ストレッチ等が有効でしょう。筋肉を動かす事で、臓器の働きだけでは滞りがちな血液を、循環しやすくする事ができます。簡単な屈伸運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)や腕の運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)をするだけでもいいので、冷えやこりを感じやすい部分を、重点的に動かすようにできるだけ意識するようにして下さい。

 

日常的に暇をみつけてはストレッチするように心掛けると、自然に血流が改善されてくるかと思います。
骨盤は、女性の人が特に血流が滞りがちな場所だといわれています。骨盤(リラックスしていると開く、緊張すると閉じるなど、一日の間でも変化しています)といえば、妊娠から出産までとても大きな役割をもつ器官です。老廃物を溜め込まないように、日頃から血行促進に勤めましょう。ちょっとしたストレッチを行っているのみでも、冷えが改善する事はよくあります。是非参考にしてみて下さい。

不妊の原因とは?

不妊症とは正常な夫婦生活があるにもかかわらず、2年以内に妊娠しない状態をいいます。不妊症の原因が常に女性側にあるとは限りません。男性側に問題のあることもありますね。統計的には、女性側に原因がある場合が5割、男性側の場合が3割だといわれているのです。

 

その他、原因のはっきりしないものも2割程度あります。男性側が原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)の場合は、精子に問題があるケースがほとんどです。精子の数が少ない、精子がない、精子の元気がないなどですね。病院で精液検査をしてもらえばすぐにわかると思います。

 

女性が原因ともなれねいろいろなことが考えられますので、原因を特定するためには、一つずつしらべていかなければならないでしょう。女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)側が原因の場合には、次のようなケースがあげられます。

 

排卵障害:しっかりと排卵が出来ていない状態です。無月経の場合もあります。
卵管因子:なんらかの原因で卵管が詰まってしまったり、周りに癒着が起こったりしていて、妊娠が成立しない状態です。
子宮因子:子宮内部に何らかの異常があり、妊娠が成立しにくい状態をいいます。子宮筋腫やポリープ、子宮奇形などが挙げられます。
子宮内膜症:子宮の内膜に何らかの異常がみられる状態をいいます。女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)不妊の原因として比較的大きめの割合を占めていて、年々増加傾向にあるようです。

 

また、原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)が一つだけでなく、いくつかの原因が重なって不妊となっていることもあるかもしれませんね。不妊の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を行う際には、このような原因を特定して、それにあった治療を行うことになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ