不妊は男性側に問題がある?

不妊は男性側に問題がある?

有名な薬を使わない不妊治療法

男性側に問題がある?

女性なら誰もが、結婚したら子どもを産んでママ(英語ではマミーやマムなどと呼ぶことが多いかもしれません)になりたいと思いますよね。妊婦さんや赤ちゃん連れのお母さんをみると、心底羨ましく思ったりすることもあるでしょう。私はどうして妊娠できないんだろうと日々思い悩んでいたりして、不妊外来に通ってみようかな・・・と足を運んで検査してみる事に。

 

すると、なんと自分には全く問題がなく、旦那を説得し、しぶしぶ検査を受けさせたところ、実は問題があるのは旦那の方だったとは良くある話となっています。ある体験談では、これが原因で離婚に至ったケースもあるようです。

 

一昔前は不妊の原因としては女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)にあると思われがちでした。しかし、現代では男性不妊(体調や精神的な状態、薬の服用などにも左右されるので、一度の検査でははっきりしたことはわからないでしょう)も問題になっています。男性不妊は、普通は病院で検査を受けない限り、明確さにかけるようですよ。なので、妊娠を望んでいて、なかなか妊娠できない女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)は、ぜひ婦人科、もしくは、不妊専門外来を受診してみましょう。

 

統計的には、半分が男性側に原因がありますよね。男性不妊(体調や精神的な状態、薬の服用などにも左右されるので、一度の検査でははっきりしたことはわからないでしょう)の原因としては、ほとんどがその精子にあるようです。量が少ないとか、運動量(運動しているからとつい食べ過ぎていると、いつまで経っても痩せません)が足りないなどですね。近年では、話題になっているED(インポテンツ)などは1割程度にすぎないだとされているのです。

 

精子が全く作られていないなら絶望的かもしれませんが、少しでも健康で正常な精子が作られているのならば、現代の医学でもって妊娠出来る可能性はあるため、諦める必要はありません。とは言え、不妊治療(タイミング法によって妊娠に至る夫婦も少なくありません)には金銭的負担もかかるので、夫婦での話し合いが必要になります。

不妊と食生活の関係

不妊と食生活って関係あるでしょうか?実際にはかなり関係があると思われます。長い間、間違った食生活を送っていると、妊娠する力が低くなってしまうといいます。無理なダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)を継続することで、生理が止まったという話を聞かないでしょうか?

 

これは食生活(人それぞれ、大きく内容が畭なるでしょう。体型や肌つや、精神にまで関わってくるものです)が大きく影響していることになりますよね。体に十分な栄養が届いていないのです。生理がなければ、妊娠する可能性はほとんどありません。また、栄養の偏りによるホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)の乱れも問題です。

 

生理不順や卵巣機能不全を引き起こす原因になります。不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)を行う前に、まず食生活を見直してみる事から開始してみて下さい。検査をして、もしもホルモンバランスが乱れていれば、足りないホルモンを補充してあげなければなりません。

 

また、近頃では低体温(最近では低体温の人が増えているそうです)の女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)も増えてきています。体を冷やすものをかず多く食べ過ぎると、低体温(ごく短時間で耳測定できる体温計も売られています)になり、免疫力や代謝機能に問題が出てくるのです。子宮や卵巣の血流も悪くなってしまいます。よって、機能も低下することとされています。

 

妊娠を望んでいる女性で、食生活に乱れがあると思うのであれば、ぜひ食生活の改善から始めてみましょう。妊娠したら、あかちゃんのためにも健康的な食生活を送らなければなりません。

 

赤ちゃんはお母さんから栄養をとっていますし、妊娠生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を送る上でも免疫力は上げておきたいところです。不妊に対してだけでなく、健康な赤ん坊を産むためにも、バランスの良い正しい食事の習慣に改善していきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ