タイミング法・排卵誘発剤について

タイミング法・排卵誘発剤について

有名な薬を使わない不妊治療法

副作用もあるでしょう。重い副作用としては、

不妊治療で一般的なのは、タイミングの方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)ようですよ。タイミング法は、30代前半の女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に多く用いられ、比較的体に負担がかからない不妊治療です。

 

まず、基礎体温(寝起きの動く前に測ることが重要です)を測り、排卵の周期を予測します。専門医の指導を受け、正確な排卵日を予測し、排卵日をねらって性行為を実施というのもので、自然に近い妊娠ができ、費用の負担も少なくてすむというメリットがあります。

 

でも、妊娠の確率を上げるだけだから妊娠に時間が掛かる場合もありますし、何らかの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)があって不妊の場合には効き目がありません。

 

妊娠の確率を上げる為に、排卵誘発剤が用いられる事もあります。排卵誘発剤は、卵巣やホルモンの分泌等に問題がなく、自然に排卵が行われている人に処方される事が少なくないようです。

 

自然排卵が可能な方の場合は、錠剤タイプの軽めの排卵誘発剤が用いられています。

 

また、月経が起こらない無排卵の人や卵胞が成熟しにくい方には、より効き目の強い注射で、排卵を誘発するようです。

 

排卵誘発剤は、脳や卵巣に作用し、卵子(精子と結びついて受精し、子宮内膜に着床することで妊娠します)を成熟させ、排卵を促す作用があるもので、この薬の効果により、複数の卵胞が排出され、多胎妊娠する可能性もあります。

 

それに、人によっては容態は違いますが、副作用もあるみたいです。重い副作用としては、卵巣に水が溜まって腫れたり、痛んだりする卵巣過剰刺激症候群があるのでしょうかし、命にかかわるような重症の副作用を起こす場合だってあるのです。

 

ですので、排卵誘発剤の服用は専門医の指導の下に実施ことが重要です。

何歳まで不妊治療が可能?

妊娠の出来る間は不妊治療(排卵誘発剤を使用することもあります)も可能と考えられています。現在、日本日本では49歳の方が不妊治療の末、体外受精で妊娠し、出産したという事例があります。

 

妊娠の可能性の低さ、出産のリスクはありますが、49歳と言う年齢でも不妊治療を行い、妊娠をする事が出来あると証明されています。

 

不妊治療(冷え性の改善が良いとされますが、男性が熱すぎるお風呂に入るのは良くないようです)が可能かどうかの決め手は、卵巣や卵子(精子と結びついて受精し、子宮内膜に着床することで妊娠します)の状況を参考にします。女性の卵子というのは、年齢を追うごとに老化しています。

 

その為、年齢があがると卵子(これまでは生涯でつくられるくが決まっていると考えられていましたが、近年では違う研究結果も出ているそうです)の状況も悪くなり、受精する確率も低くなるのです。30台ではタイミング療法や人工授精等の低リスクの治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)でも妊娠が見込めますが、40代に入ってくると、これらの方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)では妊娠の可能性が低く、排卵誘発剤や体外受精を行って、妊娠の確率を上げることになるのです。

 

不妊治療の最終段階とも言える体外受精は、費用が高く、通常一回50万円程度かかります。経済的にも精神的にもストレスになる為、中々続けることが出来ず、途中で断念してしまう人も少なくないようです。

 

また、不妊治療が行える年齢は病院によって違ってきます。年齢に関わらず体が妊娠出来る状況であれば不妊治療をおこなう事のできると言う病院もありますし、妊娠の可能性や妊娠後のリスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われますね)を考慮して45歳まで等と年齢制限を行っている病院があるかもしれません。

 

高齢での不妊治療(高額な費用がかかることも多く、女性の体に負担がかかることも少なくありません)を検討中の人は、年齢制限のない不妊治療(タイミング法から始めるというのが一般的でしょう)専門の病院を調べてみるとよいでしょう。

 

 

妊娠しやすい体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)を作ることができるのです


ホーム RSS購読 サイトマップ