人工授精・代理妊娠について

人工授精・代理妊娠について

有名な薬を使わない不妊治療法

法律の整備も進められているようです

人工授精は、不妊の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)が乏精子症(1ccあたりの精子の数が1000万を下回る場合には、体外受精を選んだ方がいいかもしれません)や精子の運動率の悪さ、子宮頚管の粘液の性状が悪い事にある時に使われます。人工授精は、まず男の人の精液を採取し、精子の数や奇形率等を詳しく検査します。

 

さらに、病院によっては、パーコール法やスイムアップ法という方法を用いて、元気な精子を取り分ける精子の調整を行う所もあります。

 

精子の検査が終わると精子を選び、基礎体温(継続して測ることで体の状態がわかるでしょう)や超音波を参考に女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の排卵確率の高い日に、子宮内に精子を注入し、人工授精を行います。

 

人工授精は一回の人工授精で約1〜2万円の費用がかかってしまいます。

 

しかし、一度で妊娠する確率(宝くじに当るよりも交通事故に遭う方が高いらしいです)は約10%と言われており、必ずしも妊娠したらいう保証はありません。その為、数回チャレンジしなくてはならなくなる事もありますし、費用がかさんでしまう事も考えられます。

 

6〜10回程度人工授精を実施しても妊娠できない時は、もっと続けても妊娠は期待できない為、人工授精を諦めて体外受精に移る事も少なくないみたいです。

 

不妊治療(タイミング法から始めるというのが一般的でしょう)には、代理妊娠というやり方もあります。卵子(精子と結びついて受精し、子宮内膜に着床することで妊娠します)と精子を取り出し、体外受精を行って、第三者の子宮に移植し、妊娠させるというものになります。

 

とはいっても、現時点で日本ではこの方法は禁止されています。その理由は、第三者に身体的・かつ精神的に不利益を与えるから。

 

他にも、生まれる子どもの養子縁組の必要があり、家族関係が複雑になる等の理由があげられているのです。しかし、このごろでは代理出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことをいいます)を認めてもいいという意見も増加しており、法律の整備も進められているかもしれませんね。

不妊治療の検査では何をする?

これから不妊治療を受けようと思っている方は、一体どんなことをするのか不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)なのですね。不妊の検査にはどのようなものがあるのでしょうか?まず、産婦人科に行った場合、問診票に記入します。

 

婦人科の問診票は、口ではたいへん言えないようなことを記入するようになりました。それから、診察や内診に入ります。不妊治療で婦人科にかかる場合は事前に基礎体温を付けるようにした方が良いかもしれません。

 

付けていなくても、付けるように指導されるんですよ。検査の内容は個々により違うとは思いますが、次っぽい検査があります。

 

経膣超音波検査・・・子宮の状態をみます。
膣分泌物検査・・・感染の有無を調べます。
ホルモン検査・・・血液を採取し、エストロゲンやプロラクチン、プロゲステロンなどの検査を行います。
抗クラミジア抗体検査・・・過去にクラミジアにかかったことがあるかどうかを調べます。
子宮頸管粘液検査・・・おりものの状態をみます。
子宮卵管造影検査・・・子宮や卵管の状態をみる検査そうはいっても、卵管の通過具合も調べます。
卵管通気・通水検査・・・卵管が詰まっていないかを調べます。
子宮内膜組織検査・・・内膜の一部を採取し、異常がないか調べます。
抗精子抗体検査・・・精子に対する抗体ができていないかを調べます。
ヒューナーテスト・・・性交後の精子の進入具合を調べる検査です。
精液検査・・・男性不妊が疑われる場合に実施します。精子の数や、運動量(食べる前に、このカロリーを消費するには、どのくらい運動しなくてはいけないかを考えてみるといいかもしれません)などをみます。

 

以上が普通の検査です。場合によっては、他に精密検査をすることもあるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ