不妊治療の年齢とは?

不妊治療の年齢とは?

有名な薬を使わない不妊治療法

不妊治療の年齢について

不妊症(避妊をしなくても一定期間以上妊娠できない、もしくは、妊娠状態を維持できないことをいいます)の時、不妊治療(妊娠に至れない原因を調べ、それを改善する目的で行われる治療です)を行うタイミングは早ければ早いほどいいのです。

 

一般的に不妊症は、「子どもが欲しいと考え、避妊しないで性行為を実施しているのに、2年経っても妊娠しない場合」といわれています。

 

でも、実際何らかの原因があって不妊の場合と、ただ妊娠しにくいだけという場合があるようです。原因のある不妊症(避妊をしなくても一定期間以上妊娠できない、もしくは、妊娠状態を維持できないことをいいます)の時は、不妊が分かった時点で早期に適切な不妊治療(化学物質との接触や過度の運動、きつい下着を避けるなど、日常生活でも様々な改善点があります)を行うと良いでしょう。

 

ただ妊娠しにくいだけという場合は、生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)の改善のような簡易的な不妊対策で妊娠が可能な事があります。いずれも治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)のタイミングは夫婦が決定するものです。

 

夫婦で良く話合い、納得して治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)にあたりましょう。中々妊娠できない人は、産婦人科での本格的な不妊治療(冷え性の改善が良いとされますが、男性が熱すぎるお風呂に入るのは良くないようです)の前に、自宅でもできる簡易的な不妊対策を練って、妊娠しやすい体を作ってみてはどうでしょうか?。

 

簡単な不妊対策の方法は、まず食事に気をつける事です。卵巣機能の維持や精子の数を増加させる事の可能なビタミンEを多く摂れる食事をしましょう。

 

また、血流の流れが悪かったら不妊になりやすいため、運動をして血液循環(全身の器官に血液を送る大循環・体循環と心臓と肺を循環している小循環・肺循環の二通りのルートがあります)を良くしてください。妊娠しやすい体を作るには、体を冷やさない事が重要だといわれています。

 

服装にも注意し、冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎないようにする必要があります。また、ストレスを為ない事も重要です。

 

これらの事を実行しつつ、妊娠を試みても妊娠しない時には、産婦人科に相談し、検査をする等の本格的な不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)に踏み切ると有効なのではないでしょうか?

40歳を超えると妊娠できない?

40を超えると妊娠しにくくなると聞きます。卵巣の機能の低下や、卵子(精子と結びついて受精し、子宮内膜に着床することで妊娠します)の質の低下、女性特有の子宮筋腫等の子宮の病気、卵巣の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)等というような事から、一般的に妊娠しにくくなってしまうのは現実です。

 

また、卵子だけの問題ではなく、男性の精子も年齢とともに劣化していくと呼ねれているのです。ただ、妊娠しにくくはなるかもしれませんが、このごろでは、40を超えて妊娠する方も沢山いますね。それに、意外にも40代の人工中絶(要因によって、自然流産、人工流産、自然死産、人工死産に区別されます)率も高いのです。

 

これは思わぬ妊娠をしてしまう可能性が高い事を意味しています。経済的・体力的な問題から出産を諦める事が多いのでしょう。基本的に、排卵をしていて、生理があれば、40を超えても十分妊娠の場合もあるらしいです。

 

閉経は50歳前後であることが多いので、そこまでであれば、妊娠してもおかしくはありません。しかし、高齢出産は危険性が非常に高いです。まず、染色体異常の可能性が上がり、母体にたいする危険性も高くなってしまいます。

 

分娩も難産傾向だったり、帝王切開率が増えたり、産後も体力がなかなか回復しないことが多いと思います。当り前ですが、人による違いがあるため、40を超えたから、急になるという事はありません。

 

40を超えていても、超えていなくてもいつもそういうリスクはあります。その確率が高くなるというだけの話です。芸能人でも40を過ぎてから、ぶじに妊娠・出産行っている人も少なくないですよね。

 

どうしても子供がほしいなら、40を超えているからといって、諦める必要はないと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ