不眠症はストレスと関係があるの?

不眠症はストレスと関係があるの?

薬を使わない不眠症改善法

不眠症の原因

不眠症(眠れないだけでなく、色々な症状があります)になってしまう原因は色々有って一概にこれだからと言ってないのです。原因によっても一過性ですむ場合と慢性的になってしまった場合が有るのですが、なかなかそれがわからなくてに、一過性で有るにも関わらず自分は不眠症だと悩んでしまいストレスに感じてしまって結局慢性的な不眠症になってしまう事もあると言っています。

 

大抵は一時的な物である場合が多いと思うのですが、症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が進んで重くなってくると日々の生活にも影響が出てくる様になり事態は深刻化してくることもある様です。そうなる前になるべく原因をはっきりさせて解消させていく必要が有るだといえるはずです。

 

勘違いして頂きたくありませんが、不眠症というものは全く眠れないと言う訳ではないんです。しかし不眠症になる事で生活の質も身体の質も下げてしまう事だといえます。不眠が引き金となって様々な病気を誘発する事も考えられるのです。

 

睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)が快適に取れなければだるさや倦怠感(自律神経失調や鬱の初期症状で倦怠感を感じることも少なくありません)が身体に残ります。それが知らず知らずにストレスになり病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)を引き起こしてしまうかもしれありません。

 

そうなると日常生活においても支障を出してしまう事になってしまうのです。不眠症(入眠障害をイメージする方が多いかもしれません)になっている方の理由として大多数が現在の現代社会が原因ではないかと言った見方も多く有ります。それがストレスだといえるのではないでしょうか?

 

現代社会はストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)社会といわれているんですね。家庭、会社、学校と色々な所でストレスを感じている方が多いです。

 

ストレスを上手く解消出来ないと心身共に影響を与えることになり結果的に不眠につながる事も考えられます。不眠に対しての知識を身に付け、原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を理解し解消する様にしていくことが必要なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ