睡眠障害の種類と解消方法

睡眠障害の種類と解消方法

薬を使わない不眠症改善法

睡眠障害に関して

睡眠障害の一つとして不眠症が挙げられます。大枠が睡眠障害(眠れないだけでなく、過眠も睡眠障害の症状の一つです)と言うことになるのですが幾つか種類が有りますのでご紹介して見ましょう。ご自身で自分がどの種類の睡眠障害に属しているか分かる事によって解消方法も分かってくるだと言えると思います。

 

先ずは「不眠症」ですね。寝付きが悪く睡眠も継続できない事が多いです。それが障害となって睡眠に現れる事を指しています。次に「過眠症」と言った種類です。これは昼間に眠気が強く襲ってきて眠ってしまう様な事を指しています。一回寝てしまうとなかなか目を覚ませないのも特徴の様です。

 

次に「リズムが乱れる」と言う事です。人間の身体は朝になったら起きる。夜になってしまったら寝ると言う様な生活リズム(意識して習慣付けないと身につかないものです)を一日24時間周期で行われています。こうした睡眠のバランスが崩れてしまうと身体に変化が加わって不眠症に陥ってしまう事も考えられます。最後に「不眠」なのです。眠っていたとしても悪夢や何らかの理由で睡眠自体が邪魔されてしまってちゃんと眠れない状態の事を指しているのです。

 

こうして見てみると睡眠障害には色々な種類が有る事が分かりますね。ここではその中でも不眠症に関して説明して見ましょう。不眠症と言っても一過性、短期、長期と分けられていてそれによって症状や重さが畭なります。

 

一過性不眠については旅行等環境が変わる事で眠れなくなる事で、普通の生活に戻った時点で解消されるのです。そして短期不眠は眠れないと言った症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が短期間(1〜三週間位)続く事を指し、長期期間はそれ以上続く事を指すのです。

 

長期不眠なんだったら解消が難しいので専門の病院に行き治療してもらう様にしてくださいね。どちらにしても睡眠障害(夜尿症や睡眠時無呼吸症候群なども含まれます)になってしまった場合には早めに対策をする事が望ましいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ