不眠症は病気なのでしょうか?

不眠症は病気なのでしょうか?

薬を使わない不眠症改善法

不眠症は病気です

寝付きが悪かったらか、昨日は眠れなかったとか言うのは不眠症には該当しません。これは単なる不眠と言うものです。不眠症(眠れないだけではなく、何度も目が覚めてしまったり、熟睡できないといった症状も含まれます)は慢性的に眠りに付けなかったり、熟睡(深いノンレム睡眠をいいます)出来なかったり、何度も朝までに途中で目覚める事が長期間続いていたりする事の事を指すのです。

 

こうした症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)で悩んでいる人は近年急増していると言われているのです。そして不眠症に至らなくても不眠など睡眠障害で悩んでいる方もたくさんいらっしゃると呼ぶのです。

 

その位今不眠が問題となっているのです。私は毎日7〜8時間眠っているから不眠症じゃないわと言う方がいるとしてもそう断言はできません。何時間寝てあったとしても、何回も夜中目が覚めてしまったり、熟睡できていないためあればそれは不眠症の症状となります。

 

もちろん3時間しか寝ていなくても熟睡(起床時に爽快感を感じることが多いでしょう)できるためいらっしゃいますからあればそれは不眠症では有りません。不眠症は寝ている時間にはあまり左右されないのです。また睡眠については個人差が有りますので、不眠症の定義もその方によって変わってくるのです。

 

不眠症と言うのは病気です。解消させずに放っておいたら慢性的に身体が疲労感に襲われたり、日中眠い状態を引き起こしてしまったりして日々の暮らしに支障をきたすことにもなってしまっただといえるのではないでしょうか?

 

また精神的な物にも左右されますので、ストレスになったり最悪鬱を引き起こしてしまう可能性も有ります。不眠症は病気だといった認識を持ち、専門のお医者様の元でしっかりと診察をして治療をし、解消させていく様にしていく必要が有ります。


ホーム RSS購読 サイトマップ