寝具を見直して不眠症を解消する?

寝具を見直して不眠症を解消する?

薬を使わない不眠症改善法

不眠症の解消方法【寝具をかえる】

寝具と不眠症は深い関係があると言います。何だか近頃眠れないなと感じたら自分が利用している寝具(高いものから安いものまでピンキリですよね)を見直してみるのも1つの解消方法はずです。では理想的な寝具とはどんな寝具なのか見てみたいになりますよね。

 

理想的な寝具(睡眠の質が大きく左右されるものです)とは身体にフィットする事、これが一番だと思います。睡眠中は繭り返し寝返りを打っているかもしれませんね。体制を変える時におふとんが身体に合っていないと寝心地が悪くてリラックスして眠る事ができてなくなるでしょう。

 

こうした事から考えてみると入眠時に身体にフィットするのは当たり前のことですが、寝返り時にも身体がフィット出来る寝具を見付ければ良いと思うのです。では何を以て身体にフィットすると判断すればいいのでしょうか?先ず見直したいのは枕になるものです。

 

枕は高過ぎても低すぎてもいけません。高さ4センチ位が頚に負担が掛からず良いと言われています。枕の素材は低反発やそば殻等色々有りますが、これはごあなたの感性で気持ち良いものを選ぶといいかもしれませんね。

 

自分では上手く選べないと言う方は最近枕を選んでくれるショップも有りますので相談してみると良いですよ。枕が決定したら次は布団と思っています。敷き布団を選ぶ際は柔らかすぎない物を選ぶ様にした方がいいでしょう。

 

掛けお布団は放湿性がたかいものを選ぶ様にしましょう。これは汗をためこまない様にする為です。汗が発散可能なと快適に眠る事ができるでしょう。お勧めは羊毛おふとんか羽毛お布団ですよ。不眠症解消の為に一度寝具を見直してみるのも良いですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ