薬を飲んで不眠症を解消する?

薬を飲んで不眠症を解消する?

薬を使わない不眠症改善法

不眠症の解消方法【薬】

不眠症(入眠障害をイメージする方が多いかもしれません)の解消方法として薬を使う事が有ります。大抵は眠れる様に睡眠薬(最近は、それほど中毒性がないものが使われることが多いようです)を処方してくれるはずですが、大体はベンゾジアゼピン系の薬になります。

 

代表的な物としてはハルシオン、レンドルミン、マイスリー、リスミー、アモバン、ロヒプノール等が挙げられるそうです。これらの睡眠薬(芥川龍之介や金子みすゞはカルモチンで自殺したといわれています)は寝付きをよくする効果が有るので不眠症の解消をしますからの治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)にはオススメだと言えると思います。

 

そして寝付きを良くする効果の他にもストレス等から来る神経の興奮を抑制する鎮静作用も有りますので、眠気が自然と起こる様に向かわせてくれるのです。

 

睡眠薬を飲むと言う事で不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)に感じる方もいますねが、ちゃんと医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の指示を守っていれば大丈夫ですから心配する事はないでしょう。

 

但し飲んだ翌朝、眠気が残ったりだるさが残ったりふらつきがしたりする事が稀に有ります。これは作用時間が長時間に渡る薬に多く見られる副作用になりますので、運転を控える等注意してください。

 

また、稀に服用を急に止める事でイラつき感や不安感、眠れなくなってしまうといった症状が出る事が有りますので、飲んだり飲まなかったりする様な事、医師の指示に従えない方、夜中起きて仕事をする様な方は控えた方がいいかもしれませんよので気をつけて下さい。

 

どちらにしても医師の指示に従わず、自己判断で「もう大丈夫」と思って服用を止める様な事はしないで下さい。またアルコールと共に飲むと副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)が強くなる可能性が高いですので、服用している最中はアルコールの摂取は控える様にした方がいいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ