刺激物を避けて不眠症を解消する?

刺激物を避けて不眠症を解消する?

薬を使わない不眠症改善法

不眠症の解消方法【刺激物を避ける】

刺激物の摂取を避ける事で不眠症(長く続くと様々な不調が現れますから、なるべく早く病院を受診してください)解消につながるってご存知でしたでしょうか?主な刺激物としてはカフェイン(栄養ドリンクにも含まれていることが多いので、成分表記はよく確認した方がいいですね)、タバコ、アルコール等が挙げられます。

 

カフェインが含まれている物としたらコーヒー、紅茶、緑茶等が挙げられますよね。これらを摂取する事によって逆に目が冴えてしまって眠れなくなる場合が有りますので避けた方がいいです。夜寝る前に何か飲みたくなったら水やホットミルクを飲むと良いですね。

 

アルコールは寝酒と言う言葉が有る位ですから飲んで寝てしまおうという方もいると思うのですが、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)は寝付きが良くても熟睡はしにくく、夜中にトイレ(日本では水洗式が一般的ですが、国によって様々な様式があります)等にも行きたくなり、中途覚醒してしまう可能性も高いですので止めた方がいいですね。

 

次にタバコ(日本には南蛮船によって近世の初頭に持ち込まれたといわれています)も刺激物なので不眠症の原因となると呼んでいます。しかしタバコを吸う方はタバコを吸うからこそリラックスできるんだと思っている方も結構多いのです。しかしこの考え方は間違っているというのです。

 

なぜならリラックス出来ると感じているのは吸う際の行動が深呼吸をすることでいるのと同じだから落ち着いた様に、リラックスした様に感じているだけなのです。実際にタバコを吸うと脳に刺激が加わりますので覚醒してしまうでしょう。そうなると入眠しにくくなります。ですので寝る前の、タバコは止めた方が良いです。

 

また刺激物は何も食べ物だけに限った話ではありません。テレビ、ゲーム、インターネット(たいへん便利ですが、その反面、ウイルスや詐欺などの危険もあります)等も刺激物として扱われます。これらは脳に刺激を強く与えるので寝る前1時間前には止めた方がいいかもしれませんよ。

 

夕食時も刺激物は控えて代謝が良くなる食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)、消化が良い食べ物をすすんでたべる様にすると不眠症解消に繋がってきますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ