精神的疾患が原因で不眠症になる?

精神的疾患が原因で不眠症になる?

薬を使わない不眠症改善法

不眠症の原因【精神的疾患】

うつ病等、精神的疾患によって引き起こされる不眠症(日本人の四人に一人にみられるのだとか)も有ります。ストレスで眠れないのもこの精神的疾患(いわゆる病気のことです)に含まれますね。不眠症の症状としては寝ている最中に何回も目が覚めてしまう症状の物もあります。

 

これにより熟睡(深いノンレム睡眠をいいます)出来ない場合も有りますが、こうした症状の場合には睡眠時無呼吸症候群の症状を出やる方も多い様です。悪化していくとうつ病等の精神的疾患を気が付かない内に引き起している場合も有るのです。

 

不眠症の原因になるのはいくつか考えられますが、精神的疾患が原因の不眠症はとても厄介な物といわれているようです。精神的疾患が先に来て不眠になる場合も有りますし、逆に不眠になってからそれがストレスになって精神的疾患を発症してしまう事も有ります。

 

精神的疾患で不眠症(市販の睡眠導入剤を長期間使用するのはあまりよくないでしょう)になってしまう場合は、よく眠れないと言う症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を引き起こすだけじゃなくて一睡もできないと言う場合もけっこう有る様なのです。

 

なので精神的疾患だということもをしっかりと自覚して、病気を治す事からはじめていく様にすると不眠症の解消に繋がっていきます。しかし自分が精神的疾患である事に気がつかない場合も有ります。

 

そうなると不眠症(眠れないだけでなく、色々な症状があります)も続きますしストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)も持ち続けますしで結果的に病気も悪化してしまったりする事になります。そうなってしまってからでは遅いのです。

 

不眠症(睡眠に関する障害は長期化すると、精神的にも肉体的にも深刻な影響を及ぼします)で悩んでいる場合は精神的疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)が要因で有る可能性も有りますので、出来れば専門のお医者さんに診てもらって病気も不眠症も解消させていく様にすると良いですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ