環境の変化が不眠症の原因?

環境の変化が不眠症の原因?

薬を使わない不眠症改善法

不眠症の原因【環境の変化】

環境の変化によっても不眠症を引き起こしてしまう場合が有ります。環境が変化すると人間はその環境に慣れていこうと少しずつ順応していきます。しかし急激に対応する事は難しいのですので結果的に不眠になってしまう事が有るかもしれませんね。

 

例えばですが一過性の不眠になる可能性が有るものとしては、旅行に行き枕が変わった為に寝付けないとか、海外に行って時差ボケで眠れないとか思い当たる事は有るのではないでしょうか?

 

しかし旅行等で有れば旅行先で不眠になったとしても家に帰宅する事により環境が元に戻りますから解消されるのですので心配する事はないでしょう。但し毎回旅行の度に眠れないとなると、せっかくの旅行を楽しめなくなってしまうかもしれませんし、それは対処した方がいいはずですね。

 

また部屋の温度や湿度が変わった事が原因で眠れなくなってしまう場合も有ります。特に真夏になってしまったら蒸し暑くて寝苦しい夜になる事が有りますよね。こうした場合はクーラー(こまめにフィルター掃除をすることで、節電に繋がります)や扇風機、除湿器などを使って気温を眠れる適正な温度に調節して対応する事で解消されるでしょう。

 

また外の音がうるさくて不眠になることも有ります。もちろん静かになれば解消される事が殆どです。こうした環境の変化による不眠は一過性で有ることが多いはずですが、長期間その状態が続いてしまうと慢性的な物になり不眠症になってしまう可能性が出てくるのですので、そうならない様に早めに環境の変化に対しての要因を解消していく必要が有ります。


ホーム RSS購読 サイトマップ