早朝覚醒ってどんな状態をいうの?

早朝覚醒ってどんな状態をいうの?

薬を使わない不眠症改善法

不眠症の症状【早朝覚醒】

「早朝覚醒」は朝早く起きてしまう事、そこから眠ろうとしても眠りに付けない不眠症の症状の事を指しています。朝早く起きるだけなら良い事、不眠症(入眠障害をイメージする方が多いかもしれません)ではないのではないかと思ってしまいますが、どんなに遅く寝ても朝目が覚めてしまうので熟睡(睡眠環境を整えることで、睡眠の質を上げることも可能でしょう)出来ていない場合が多いのです。

 

特徴としては先程も挙げたとおり一度目が覚めたらその後に眠ろうと思っても寝つくことが出来ないと言う症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が挙げられるのです。もし眠れたとしても熟睡はできずにうつらうつらしているだけの場合が多いでしょう。

 

そうなってしまうと逆に疲れてしまう様になってしまった様になります。朝早く起きてしまうから睡眠時間が少なくなってしまうので早く寝てしまおうと思う方もいますよね。そうすると早朝覚醒の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が悪化してしまう事も充分に考えられるのではないでしょうかので、原因をきちんと探し当てて解消に向かう様にしていくと良いでしょう。

 

解消するには原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)を探すと言われていますねが、主な原因を挙げてみたいと呼ねれています。

 

先ずは「老人性早朝覚醒」と言うものです。年齢を重ねてくると1度の睡眠で深い睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)を感じる回数が減少しきてしまい、浅い睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)状態のほうが増えてくる様になります。

 

これは眠りの物質であるメラトニンの分泌量が加齢により少なくなってしまうのが原因の様で眠りの力を落としてしまうでしょう。年を取ると早起きになってくるのはこのためだと言われているのです。次は「うつ病」と言う病気が原因である事も考えられます。

 

忙しい現代社会、ストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)が貯まったり生活習慣が不規則になってしまうことも有るとなるでしょう。

 

そうした状態を続けていると軽いうつ病(早期治療が何よりも大切です。放置するととても危険ですし、治りづらくなってしまうでしょう)を発症する事が有ります。そうなるとメラトニンの分泌量が少なくなってしまう為眠れなくなり、早朝覚醒と言う症状に現れる様になると言われています。


ホーム RSS購読 サイトマップ