どんな状態が熟睡障害なのか?

どんな状態が熟睡障害なのか?

薬を使わない不眠症改善法

不眠症の症状【熟睡障害】

「熟睡(熟眠ともいい、質のいい睡眠をとれたことを指します)障害」は眠ってはいる物の眠りが浅くて熟睡できないでいる不眠症(市販の睡眠導入剤を長期間使用するのはあまりよくないでしょう)の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)のことを指しています。

 

眠りが浅いままでいると疲れが取れずに倦怠感がいつまでも続くのです。そして熟睡できないと中途覚醒と言って夜中に何回も目が覚めてしまう症状を引き起こす事もあるそうです。解消する為には原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を探る事が必要なのです。

 

以下に熟睡(熟眠ともいい、質のいい睡眠をとれたことを指します)障害の症状を挙げてみますので、どんな状態が熟睡障害なのかちょっと参考にしてみて下さい。

 

不眠症の症状である熟睡障害を持っている人は熟睡感を得る事が出来ない場合が多いみたいです。他の人から見ると十分に眠っているのに自分自身は全然眠っている様な気がせず、眠った感じがしないと感じてしまう症状です。

 

睡眠には「レム睡眠(一晩に四回から五回程度現れると考えられています)」と「ノンレム睡眠」が有ります。「レム睡眠(逆説睡眠と呼ねれることもあるでしょう)」は眠りが浅い状態の事を指し、「ノンレム睡眠」は眠りが深い状態のことを指します。

 

またレム睡眠には1〜4段階の睡眠(個人差はありますが、七時間以上八時間未満の睡眠が最も長生きするという研究結果もあります)段階が有り、1が睡眠が浅くて数字が大きい程徐々に眠りが深くなっていることを指します。1は眠気を感じている状態のことだそうです。

 

熟睡障害の方はこの段階が1〜2の割と浅い睡眠(食事をとれないことよりも、眠れないことの方がつらいとされており、心身に不具合が生じるでしょう)を繰り返している事が多いそうなのです。熟睡できないと言うのはすごく辛いみたいです。解消する為にはリラックス出来る状態にする事が大切になります。

 

例えばお風呂にゆっくり入るとか、腹式呼吸をすることにより身体の緊張を解すとか、音楽(気分を高揚させたり、リラックスさせたりする効果が期待できるでしょう)を聴くとか色々有ります。こうして身体の緊張状態を解してリラックスさせ深い眠りに持っていける様にすると良いでしょうね。


ホーム RSS購読 サイトマップ