あがり症は呼吸法で改善できますか?

あがり症は呼吸法で改善できますか?

薬を使わないあがり症克服法

普段から腹式呼吸の練習をしておくといいかも

あがり症と呼吸法(呼吸のやり方を変えることで、心身をコントロールしようというものです)って、何ら関係のないように思われるかもしれませんが、この二つはとても深い関係にあるのです。緊張したり、不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)になったりすると、呼吸が乱れていますよね。これは、心が乱れている証拠ですからす。緊張してしまってどうしようもなくなってしまう時に、対処できる呼吸法を今回はお教えします。

 

あなたは腹式呼吸(なるべく胸郭を広げず、お腹を意識して呼吸します)の仕方を知っていますか?口から息を吐き出し、吐き出すとともにお腹をへこませてください。ここで重要なポイントは、息を吐き出す時に肛門を引き締めると言うことです。十分にお腹がへこんだところで、今度はお腹をふくらませながら、鼻から思い切り息を吸い込んでください。

 

どちらもゆっくり時間を掛けて行うことが大切です。呼吸を行う時のポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)として、姿勢も重要になります。立ったまま腹式呼吸を行うならば、あごを引き、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)のてっぺんを糸で吊るされているような状態を保ちます。よく小学生の頃とかに言われましたよね。

 

もちろん、この呼吸法を行っている時は、「上手く話せなかったらどうしよう。」とか「失敗してしまったらどうしよう。」などの不安なことは一切考えないでください。「自分は大丈夫!」「落ち着いて!」と自己暗示をかけるようにして呼吸を行うといいでしょう。

 

腹式呼吸は、私達が自然と行っている呼吸法とは畭なる為、慣れるまで多少違和感を感じる事ってありますよね。不安な時にすんなりと不安を解消可能であるように、常日頃から腹式呼吸(息を吸うよりも吐く方に重点を置くのがポイントでしょう)の練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)をしておくといいでしょうね。

あがり症の症状

そもそも、日本人の気質としてあがり症を引き起こしやすいといわれているので、自分で気がついていないだけで、あがり症の症状にお悩みの方が結構いらっしゃるかもしれませんね。

 

あがり症の症状がどんなものなのかわかっていれば対処しやすいと思いますから、今回はあがり症の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)について説明したいと思います。あがり症の方に多く見られる症状としては、顔が赤くなってしまったり、手や足の震えが多く見られるようです。

 

これは、「赤面恐怖症」や「正視恐怖」とも呼ばれています。「赤面恐怖症」は誰にでもあると思われがちですが、意外と深刻なあがり症の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)の一つです。その名の通り、上司や先輩、異性の前などで顔が赤く火照ってしまう症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)と呼ねれているのです。

 

「正視恐怖」は人と対面した際にとても大きなストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)を感じ、声や手が震えたりするに限った事ではなく、自らの動作をぎこちなくさせてしまう症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)です。仕事中にこのような症状が出てしまうと、その方の人生そのものに大きな影響を与えてしまう可能性があるので、何とかして治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)していきたいですよね。

 

上記であげた症状のほかに、「吃音恐怖」という症状があり、これは人前に立つと精神的な不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)から言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)がどもってしまう症状です。このような症状は、経験したことが無い方には簡単に治療できそうだと思われやすいですが、手軽に治せないことが多いものです。

 

それに、本人は周りの人が思う以上に深刻に悩んでいる事が多いです。中には、あがり症を病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)ではないと思っている方もいるでしょうね。でも、治療次第では症状を改善することもできますから、自分の人生に影響を与えないためにも、早いうちに治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行いいく必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ