子供のあがり症を治すには?

子供のあがり症を治すには?

薬を使わないあがり症克服法

自分の価値を知らせてあげましょう

子供のあがり症は、両親のしつけ方が大きく関わってきます。あがり症の子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)の多くが、失敗は絶対にしてはいけないものだと思っています。

 

恥じをさらしてはいけない。完全でなけれねならない。そういった恐怖心に似た先入観から、みずからから何かをする際に、極端に緊張してしまうのです。

 

これは、性格でも何故もありません。両親のワガママによって、素直な気持ちを表現出来なくなっているものです。しつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)を厳しくするのがいけないのではありません。

 

頭ごなしに無理矢理自論を押し付けたり、子供の気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)をよそにして手を出すのがいけません。そういった態度で接していると、子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)は委縮してしまいますよね。どうせわかってもらえないと、意見が主張できなくなってしまいます。周囲に出来る限り合わせて、自分をださない事でいざこざを回避するようになります。

 

 

そうして生きていても、自論を言わなければならない現状は大なり小なりあるのではないでしょうか?この折に、心臓が飛びでるくらい張り詰めながらも、言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)を必死で選び、どうにか口に出てきたとします。自分にとっては、一世一代の大業です。

 

でも、ここで言い消されたり、からかわれたりしたら、さらに自分を認められなくなるでしょう。「やはり自分なんて」と、消極的になるのです。こうなると悪循環(放っておくと、どんどん悪い状態になってしまうので、どこかで改善しなくてはいけないでしょう)かもしれませんよね。

 

成人になっても、自己主張ができないままの方もいらっしゃるかもしれませんね。早期の時点で親御さんが気づき、教育指針を改めて、自分の価値を知らせてあげましょう。

 

なるべく早く改善し、克服させてあがることが大事になってきます。

話し方教室に通ったら改善される?

あがり症は、人前で話すことに慣れるのみでも、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を軽減できます。あるぐらいの緊張は、おおよそ常に誰にだってあるのではないでしょうか?

 

大勢の前で上手く会話しているあの方だって、こちらが気づかないだけで、実をいうと貼り詰めたりあがったりするとなるはずです。スポーツでも何でもなのですが、初めてする折はうまくはできませんね。何度も練習をし、実戦を繰り返すことで、どんどん上達します。

 

どういったものでも、経歴を重ねることがポイントなのです。あがり症克服もこれと同様にす。繭り返し人前で実戦したり、発声や発音の練習を重ねることによって自信がつき、本番に強くなります。でも、これを個人レベルですることは、非常に難しいですよね。

 

人前で話す練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)には、人が沢山とそれなりの会場が必要なのです。それを手軽に準備してくれるのが、話し方教室です。当然、貴方の努力なくして克服は成しえません。授業料も発生するため、無駄にしない自信がなければ、通っても意味はないでしょう。

 

話し方教室は、ただ環境と情報を提供してくれるだけです。

 

効果は、その人のやる気持ち次第で100パーセントにも0パーセントにもなってしまうのです。「意欲はあるし、あがり症が治るなら努力は惜しまない!」「授業料の元を意地でもとってみせる!」なんて人なら、あがり症の改善も見込みがあるのではないでしょうか?

 

自分に向いているなと感じた人は、是非複数の教室(掃除当番がやたらと面倒だったものです)に見学にいってみてはいかがでしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ