あがり症と赤面症との関係について

あがり症と赤面症との関係について

薬を使わないあがり症克服法

同時に治療する事も可能

あがり症と赤面症は、実は、とても関係性が強いためす。あがり症とは、失敗を必要よりも危ぐ行うケースから、人前で話をする際に、異様なほどの緊張を起こしてしまったりするものです。

 

自分でみずからを追い込んでしまうのが起因で発生する症状です。赤面症は、緊張すると一気に血が上り、顔が真っ赤になってしまいます。

 

人前で話する時だけでなく、その状態を思案するのみでもなる事があります。こちらも、自分の先入観からみずからを追い込んでしまう事で起こります。

 

あがり症と赤面症(気にするあまり、対人関係が上手くいかないことも少なくないものです)は、誰にでも起こる症状です。人前で話するというのは、誰だって緊張しますし、緊張すれば顔が赤くなる事もあります。程度は人によって差異もあるはずですが、何れも、病気とまではいえないだといえるはずです。

 

あがり症の人は、赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあるようです)でもある事が多いです。この辺りから、関係性が強いと言われている為しょう。治療方法こそ畭なるのですが、顔が赤くなる時は緊張している時なので、あがるのと同じようなものとして扱われることも多いでしょう。

 

もちろん、あがり症・赤面症どっちも、乗り切する事は可能です。というよりは、あがらなくなれば顔が赤くはなりませんよね。ですから、どちらにもお悩みの人は、同時に治療する事も可能といえますね。

 

どちらも、もの事の捉え方の偏った部分が起因ですから、そこを焦点とした改善、つまり、精神面の訓練(練習次第で、できなかったことでもできるようになるのが人間のすごいところだと思います)的なセラピーが望ましいと思われます。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

スピーチの前の心構え

人前で話す事になった時に、一番気にする事はだといえるはずですか?趣旨がきれいにまとまっているか?とか、うまく話せるか?とか、そういった事ばかり気にする人は、少なくないのです。

 

ですが、人前で話す時に一番大事なのは、聞く人の気持ち(その時々で変化していくものです)になって考えると言う事なのです。聞く人がわかりやすい中身で、聞き取りやすい話し方をしなくては、意味がないのです。

 

まとまりがよくて、自身が気持ちのいいテンポで、あがっていることが分からないくらい綺麗に話せても、伝えたい内容を聞く人が把握出来ていなければ成功とは言えないですよね。

 

 

人に何か伝える時は、少々下手な文章内容でも、テンポが悪くても気にしない事が重要です。聞いてくれる人が主役だといった気持ちを忘れないようにするのです。相手の表情(あまり感情を出さないと、暗い、何を考えているかわからないといわれてしまうことも少なくありません)を観察しながら、聞いてくれる人が一番理解しやすい話の進め方を心掛けるんです。

 

絶対に伝えたい事を、直前にもう一度チェックし、ちゃんと頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)の中で整理しておくと、本番の緊張を和らげる事ができますよ。あせらず落ち着いて、いつも平常心が保てるように、自分なら絶対に大丈夫だと信じて下さい。失敗を恐れない心を持てば、おのずとと成功に繋がるはずです。自信を持っましょう。

 

見栄や誇大な表現がない場合でも、あなたの日常通りの話し方で十分だと思います。丁寧に気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)のこもった話し方を心掛けましょう。それのみで、あなたの内面からあふれる素晴らしさは自然に聞き手に伝わる事でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ